Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

2019-01-06から1日間の記事一覧

【第9沼】FUJICA FUJINON 55mm F2.2 M42 分解清掃 - たっちゃんのレンズ沼

https://blog.goo.ne.jp/tattuu1/e/3f3f058861491b012fcf87fa8b15016b

【第180沼】FUJICA EBC FUJINON 55mm F1.8 M42分解清掃です。 - たっちゃんのレンズ沼

https://blog.goo.ne.jp/tattuu1/e/ce262b0d500e232226e0670ec687b044

M42 EBC FUJINON 55mm F1.8 の分解 : ドラマチックカメラ

https://dracame.exblog.jp/18812707/

ドイツでiPhone 7/8販売禁止。公式サイトから消滅するも、販売を継続する業者も – すまほん!!

https://smhn.info/201901-sales-of-iphone-in-germany-have-been-banned

F(X)のスライドキーボードはNokia N97のようなスタイルに。Nokia端末の元設計チームを雇用 – Dream Seed

https://www.dream-seed.com/weblog/fx-slidekeyboard-device-nokia

【部分日食】ND100000フィルターで太陽撮影。荘厳な天体ショウに感動【α7II, SIGMA 70-300mm】 - 伊藤浩一のモバイルライフ応援団

α

https://blog.itokoichi.com/entry/2019/01/06/150311

Arriflex-Cine-Xenon 50mm F2 奇跡のレンズ。 | シネレンズとオールドレンズで遊ぶ!

僕は勝手に旧型を奇跡のレンズと呼んでいるがそれは旧型のレンズが、完全逆光時も解像力を失わないからである。僕の知る限り、完全逆光で解像力が低下しないレンズは、このレンズだけである。銘板に大きな違いがあり旧式のものはArriflex表記がない。

Arriflex Cine-xenon 25mm f1.4 & 50mm f2:Cinemachic Eyes :カメラファン | 中古カメラ・レンズ検索サイト/欲しい中古カメラが見つかる!

もう一本はコンディションのやや悪い1958年型のCine-Xenon(製品名にArriflexがついていない)である。戦後に製造された製品であるためマルチコーティングはされているものの逆光時には激しいハレーションを生む。ハレーションを起こしても解像度が落ちない…

Sony NEX-7 + Schneider-Kreuznach Arriflex-Cine-Xenon 50mm F2鐚?ARRI std mount鐚? - PLQ diary

先日eBayでゲットしたARRIFLEX 16mm映画用の単玉。16mmフィルムでは25mmが標準レンズになるので50mmだと望遠レンズにあたる。APS-Cで使用してもケラレはない。

爺の遺言〜「シネレンズ」シリーズテスト・第4回 : シュナイダー シネクセノン | ビデオ α

資料によれば、シネクセノンは6枚構成で、絞りを挟んだ前後のレンズが対称な「ダブルガウスタイプ」です。ツァイスのプラナーや日本の大口径標準レンズに採用されている構成で、収差を良好に補正できるため、各社のガウスタイプは驚くほどレンズの配置が似て…

M42 MOUNT SPIRAL: トロニエの魔鏡1:銘玉の源流Schneider-Kreuznach Xenon 50mm/F2

今回紹介する一本はTronnierがSchneider在籍時の1934年に開発したXenon (クセノン) 50mm F2である。このレンズは彼が1920年代半ばから手掛る初期の作品であり、Planarの光学系が持つ対称構造を緩やかに崩した非対称な設計を特徴としている。古典的な対称ガ…

M42 MOUNT SPIRAL: Schneider Kreuznach Cine-Xenon 25mm F1.4 Arriflex Standard mount

Arriflex Cine-Xenon F1.4の光学系。構成は4群7枚のズミタール型で、前玉が色消しの張り合わせ(たぶん旧色消し)になっている。分厚い前玉の第1レンズのおかげで、かなりの明るさを稼いでいるようだ。絞りに接する両側のガラス面の曲率差(曲がり具合の差)で…