Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト

mixiのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)を自前で作ってしまった「いとうSNS」は、モバイルユーザーの憩いの場です。登録者が1100名を超えております。

いとうSNSで「W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト」を開催中です。内容はこんな感じです。「いとうSNS」からエントリーしてくださいね。

W-ZERO3[es]応援コラムを募集します。応援する気持ち、こんな風に応援しています、こんなところが好き、など、なんでも構いません。ご応募をお待ちしています。
今回は賞品が豪華です。W-ZERO3ケースなどでお馴染みの「丑や」さんから「ミニストラップ」(白)を提供していただきました。
http://www.kyoto2001.co.jp/ushi-ya/other/minist.htm
なんと10個も提供していただきました。このミニストラップは、とても使いやすいです。私は、いつも中指にひっかけて使っています。10個もありますので、当選の確率がとても高いですよ。
参考までに私がブログで書いた応援コラムです。こんなに長く書く必要はありません。一言でも構いませんので、ぜひエントリーしてくださいね。
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20060726#p1
※一人何回応募していただいても構いません。
W-ZERO3[es]ユーザーでなくても構いません。
※期限は9月30日です。
(お願い)
こちらに投稿していただいたコラムは、ブログ「伊藤浩一のW-ZERO3応援団」でご紹介する場合がございます。ご了承ください。
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/



雑記

★申し込みました。当たるといいな。

ウィルコムは、W-ZERO3[es]用のminiSDカードタイプの無線LANカードを抽選で1,000名にプレゼントするキャンペーンを9月1日より実施する。


★八剱社長のインタビューです。良いインタビューですね。発表会などでの八剱社長のプレゼンは、毎回説得力があって、ファンになってしまいました。
第8回 「しがらみを解くだけでは不十分だった」 (現場をやる気にする企業再生):NBonline(日経ビジネス オンライン)
★なかなか楽しい端末が展示されているようです。
PDA・モバイルソリューションフェア2006 :: pocketgames :: PDA秘宝館(W-ZERO3応援団)

ワンセグ携帯P901iTVをゲット

手持ちのドコモの携帯同士で機種変更をしようとしたところ、「ポイントやファミリー割引、年間割引特典を使うと1万円近く割引になるので、新しい機種を導入したらいかがですか?」という店員さんのセールストークに、見事乗ってしまいました。というわけで、何故か、ワンセグ携帯P901iTVが手元にあります。久しぶりの衝動買いでした。まあ、1万円くらいで買えたからいいか。
ドコモP901iTV製品情報ページ
早速、ワンセグを見てみました。写真では暗いですが、とてもクリアに明るく見えます。画面の半分がTV画面、半分がデータ放送です。

液晶を横にするとフルスクリーンに。アイコン表示されていますが、これは消すことができます。

こちらにも横になります。右手や左手で見るときに、違う方向に倒せるのは便利です。

折りたたんだ状態でもフルスクリーン表示できます。

アンテナがついています。ワンセグはアンテナが必須ですね。ちょっと不安定になると画面が止まってしまいますので、アンテナの向きを変えたりしています。

W-ZERO3[es]との比較。折りたたんだ状態ではesより短いです。

開いた状態。結構、でかいです。

液晶はesよりちょっと小さいかな。

厚みはesより厚いので、携帯としては一番厚いかも。

右サイド。TV長押しで、ワンセグが起動します。音量とチャンネルボタンは便利。ワンセグ操作はテンキーでできますが、折りたたんだ状態では、このサイドボタンで操作。まるでポータブルTVのような操作感で使いやすいです。TVボタンで録画もできます。内蔵メモリに30分、録画できるそうです。

左サイド。miniSDメモリーカードスロットがあります。

裏面。おサイフケータイになっています。クレジットのDCMXにも対応なんですねえ。使ってみようかな。

内蔵カメラでesを撮影。使いやすいです。

P901iTVは、ワンセグとアナログの両方のTVが見れます。両方見れる機種は珍しいかな。ワンセグはまだ視聴地域が限られているので、アナログを見れるのは嬉しいです。ただ、ワンセグを見てしまうと、アナログを見る気にはならないですが。バッテリもワンセグだと2時間見れますが、アナログだと1時間だそうです。アナログは負荷が大きいようです。
電車の中で視聴実験をしたところ、中央線(東京発)で、東京駅〜御茶ノ水駅は、全く切れずに見れました。四谷近辺、新宿近辺で、数回切れました。中野から先は、視聴不能になりました。心配だった自宅(杉並)での視聴は、アンテナを立てれば、問題なく全チャンネルを見ることができました。
電話としての使い勝手ですが、まあよくあるP端末だなあ、という感じで、相変わらず電話帳は使いにくいです。電話帳を起動すると、いきなり検索画面が出てきます。今の携帯の電話帳は、一覧画面がメインで「あかさたな」をタブ表示、というのが多いと思いますが、P901iTVでは検索画面しか出ないので、面食らいました。あと、設定メニューもわかりにくいです。伝言メモをオンにしたくて、メニューを彷徨ってしまいました。
というわけで、初めてのワンセグ携帯なのですが、QVGAの画面はとても観やすいです。普段、PDAスマートフォンでの動画鑑賞に慣れているせいかもしれませんが、携帯でTV視聴にすぐ慣れてしまいました。実は、モバイル環境で観るより、自宅で寝落ち用で観ている方が多かったりします。FOMAのSIMを抜いてもワンセグ再生はできるそうなので、将来機種変更しても、ワンセグTV端末としては長く愛用できそうです。
W-ZERO3[es]ワンセグアダプターと比較をしてみたいですね。ワンセグアダプターはいつぐらいに発売なんでしょうねえ。

Book W-ZERO3 [es]レビュー

pocketgamesさんのW-ZERO3[es]用ケース「Book W-ZERO3 [es]」を入手しましたので、レビューします。

Book W-ZERO3 [es]

表面と裏面のカバーになっています。

内側は白で、キーボードに引っ掛けるゴムがあります。

本体につけるとこんな感じ。

キーボードのスライドもスムーズです。

マグネット式のボタンで閉じます。

ゴムなので脱着も楽です。

裏面はカメラとスピーカーの部分は穴が開いています。

片手で持った場合。薄いので、取り回しが楽です。

キーボードを出した状態。液晶カバー部分が裏側に回ります。

鞄に入れて、W-ZERO3[es]を持ち歩いているときに気になるのが、液晶部分です。そんな方には、最適のカバーです。

W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト

mixiのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)を自前で作ってしまった「いとうSNS」は、モバイルユーザーの憩いの場です。登録者が1200名を超えております。

いとうSNSで「W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト」を開催中です。10名に方に、丑やストラップをプレゼントします。みなさんの応募をお待ちしています。
エントリーしていただいたコラムをこちらで紹介させていただきます。今回は、最初にエントリーをしていただいたyuma。さんです。PDAに通信機能が内蔵された喜びを書いていただきました。

ワタシのW-ZERO3と[es]に対する思い・・・
一言で『ずっと一緒にいたい!!!』愛機です。
ZAURUSの頃からPDAを愛用してきましたが、通信機能が内蔵された、PDAはどれだけ夢を見ていたことでしょうか?
それが、スマートフォンという素敵な形で実現したのがW-ZERO3でした。
CLIEZAURUSもそれはそれはとても魅力的なPDAだったのですが、通信する際にアダプタや通信カードを持ち歩かなくてはいけなく、かなり荷物が多くなってしまうのが悩みでしたが、このW-ZERO3はそれを全てクリアしてくれています。持ち運びも本当にスタイリッシュです!
これからもワタシの生活の一部として一緒にいてくださいね!!

P901iTVで音楽を聴く

ワンセグ携帯で音楽を聴こうとしたところ、なかなか大変でした。

「SD_VIDEO」フォルダがあり、更にその中に「PRL***」フォルダがあることを確認します。 ***の部分は「001」「002」のような半角数字とします。 フォルダが存在しない場合は新たに作成してください。
保存先フォルダに音楽ファイルを保存し、「3gp」形式に変更します。
音楽ファイルの名称を右クリックし、「名前の変更」を選択、音楽ファイルの名称を「MOL***.3gp」

MP3は再生できないので、AAC形式(3gp)に携帯動画変換君で変換。ファイル名をMOL001.3gpにリネーム。
http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/
miniSD上にフォルダを作成。SD_VIDEO→PRL001と階層を作成。その中に、MOL001.3gpをコピー。本体のメニュー→データBOX→iモーション→miniSD→PRL001→MOL001を選択して再生。ここまでして、再生しても連続再生には対応していないそうです。ふ〜む。こうなったら、アルバム一枚を一つの3gpファイルに編集するしかないかな。

KeyLockSuspender

いや〜、これは凄いユーティリティです。キーロックスイッチを常用している方にとっては、必須ソフトではないでしょうか。

このソフトは起動すると常駐してロックスイッチをスライドしたら画面OFF、もしくはサスペンドを同時にしてくれます。さらにロック復帰時に画面OFFもしくはサスペンドを復帰するソフトです。

microSDカードを入手しようとしています。アマゾンの512MB以上を探してみましたが、沢山ありますね。アキバでも売っているのかな。

Transcend microSDカード 1GB TS1GUSD (Trans-Flashカード)

Transcend microSDカード 1GB TS1GUSD (Trans-Flashカード)

ELECOM microSDメモリカード MF-MRSD512

ELECOM microSDメモリカード MF-MRSD512

グリーンハウス microSDカード 512MB アダプタ付属 3年保証 GH-SDMR512M

グリーンハウス microSDカード 512MB アダプタ付属 3年保証 GH-SDMR512M

TOSHIBA microSDカード 512MB SD-MC512MT

TOSHIBA microSDカード 512MB SD-MC512MT

microSDって、メモステ用のアダプタもあるんですねえ。メモリースティックレコーダで使えないかな。

SDカードにもメモリースティックPro Duoにもなるmicro SDカード

KINGMAXのmicroSD->MSDuoアダプタですが、KINGMAX製のmicroSDしか使用できません。

雑記

★FONT解凍用に利用。

DLLいらずの一発解凍ツール (LHA/ZIP/CAB/ARJ/TAR/GZ/Z/BZ2+α対応)

GRASSで日本語表示を行うためのTrueTypeフォントIPAフォント)をアーカイブに同封しました.

さらに、小説を読むのであれば、美しい書体で縦表示で読みたい。そこでぜひとも用意したいのが明朝系のフォントだ。

★オリジナルのまもるくんを作るって、面白そうですね。応援団バージョンとかあったら面白いかな。

にょ〓、W-ZERO3改(WS004SH)とCR-Vロゴ入りまもるくん、miniSDカード1GB、NEW CR-V仕様オリジナル待ち受け画面搭載、3ウェイカスタムスタイラスが100名様にプレゼントですぞ♪♪

設定

W-ZERO3[es]を使い始めて、一か月以上経ちます。そろそろ、環境も落ち着いてきたので、設定の覚え書きを書いてみました。なるべくシンプルに使っているつもりです。Todayには、壁紙もモジュールも入れていない状態です。

Today設定

○スタートアイコン→SmallMenu(メニューユーティリティ。階層メニュー表示、タスク管理)
http://tillanosoft.com/ce/smenuj.html
○スタートアイコンの横のタイトルタップ→スタートメニュー
○メニュー1(TMEdit利用)→Runner[es](ランチャーソフト。テンキーによる起動が可能)
http://smart-pda.net/wfdownloads+singlefile.cid+2+lid+4.htm
○メニュー2(TMEdit利用)→QDz(連絡先ソフト)
http://www.nicque.com/PQz/QDz.htm
※TMEdit(メニュー1、メニュー2のカスタマイズ)
http://www.geocities.jp/wzero3_soft/tme.html

ボタン設定

○クリア/IEキー長押し→Internet Explorer(内蔵ソフト)
○文字/メールキー長押し→nPOP(メールソフト。軽快なサーバー上のメール閲覧可能)
http://www.nakka.com/soft/npop/
○画面回転キー→ROSE(予定表ソフト。月間、週間の閲覧性に優れる)
http://www005.upp.so-net.ne.jp/masashi/
○メニュー1長押し(PQzII利用)→SmallMenu
○メニュー2長押し(PQzII利用)→メモ(内蔵ソフト)
○OKボタン(PQzII利用)→アプリケーション終了
○OKボタン長押し(PQzII利用)→アプリケーション全終了
※PQzII(ボタン機能などの拡張ユーティリティ)
http://www.nicque.com/PQz/PQzII.htm
キーロックボタン→KeyLockSuspender(キーロックしてサスペンドする)
http://dislife.com/

Runnerによるランチャーソフト設定

○テンキー1→GSPlayer(音楽プレーヤ)
http://hp.vector.co.jp/authors/VA032810/
○テンキー2→TCPMP(動画再生ソフト)
http://blogs.shintak.info/articles/2275.aspx
○テンキー3→ブンコビューア(内蔵ソフト)
○テンキー4→メール(内蔵ソフト)
○テンキー5→[es]Silencer(カメラ起動ソフト。無音で撮影)
http://dislife.com/
○テンキー6→画像とビデオ(内蔵ソフト)
○テンキー7→T-Time(電子書籍ソフト。ドットブック形式を読む)
http://www.voyager.co.jp/T-Time/update/index.html
○テンキー8→LCDBoost(液晶輝度を決まった時間だけ最大にする)
http://dislife.com/
○テンキー9→DirectRotate(画面回転ユーティリティ)
http://yoshio.ninja-mania.jp/software/

常駐ユーティリティソフト

○CESleep(フリーソフト)→スタートアップに入れて常駐午前0時に自動起動してしまうW-ZERO3[es]を強制的にスリープさせるユーティリティ
http://www.ipmsg.org/tools/cesleep.html
○Auto Connect(フリーソフト)→自動接続機能のないメールソフトなどで自動接続を実現するソフト。自動切断機能もあるので、ネットに接続していてアイドル時間が過ぎると自動切断する。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/
○File Dialog Changer(フリーソフト)→アプリケーションのファイル参照画面は、特定のディレクトリーしか参照できないが、このソフトの導入により、miniSDメモリカード上など、全てのディレクトリーへのアクセスが可能となる。同時にGsGetfile.dllの導入が必須。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/

その他アプリケーション

○W03DataBackup(W-ZERO3WS003SHWS004SH)とW-ZERO3[es]のデータ移行で必須ソフト。マイクロソフト.NETコンパクトフレームワークスの導入が必須)
http://blog.goo.ne.jp/mypda/e/0e753fd64c75e205ed8c00bb05088581
○GSFinder(高機能ファイラー。ファイル操作をする上で必須)
http://mkawa.dyndns.org/SoftOkiba.htm
○KTCapt(画面キャプチャをJPGファイルでキャプチャ可能)
http://d.hatena.ne.jp/KOTETU/00000111/p2
○SoundExplorer(音声をMP3で録音できるソフト。ボイスブログで必須)
http://www.vitotechnology.com/en/products/soundexplorer.html
○IECacheMgr(Internet Expolereのキャッシュサイズを変更できる)
http://blog.goo.ne.jp/mypda/e/000ebb3c7e4fe8a1c040809328f85d6f
○TascalRegEdit (レジストリ変更アプリ)
http://www.vector.co.jp/soft/other/wince/se157251.html
○RESET(リセットするソフト)
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/
○.NET Compact Framework 2.0 再頒布可能パッケージ
マイクロソフト

レジストリ設定

ATOKオフ(Fn+文字キー)
http://d.hatena.ne.jp/solipt/20060806/1154871061
○バッテリ警告19%のアラート非表示
http://dawnpurple.blog25.fc2.com/blog-entry-439.html
○Eメール受信中のアラート非表示
http://dawnpurple.blog25.fc2.com/blog-entry-440.html

hTc Zのドコモのページがありました。

HTC社製のMicrosoft Windows Mobile5.0を搭載した「通話/データ通信もできるスマートフォン」です。
タッチパネル・QWERTYキーボードによる簡易入力が可能。さらに国際ローミングが可能な多機能携帯です。

microSDって、2GBがあるんですね。

世界初 microSDカード2GB 登場!

hTc Zの報道資料です。

HTC社製Windows Mobile® OS搭載端末「hTc Z」を開発<2006年7月12日>

★こちらはHTCのページです。

hTc Zは、Microsoft® Windows Mobile® 5.0を搭載した、第三世代 (3G) のポケットPCフォンです。コンパクトなサイズに最大限の接続性を備え、完全なビジネス用モバイル・ソリューションを提供します。Bluetooth®やWi-Fi®を介し、世界中のあらゆる場所で高速インターネットにアクセスでき、これまで以上に仕事における自由度が高まります。

★マニュアルがPDFファイルで提供されていました。

hTc Z サポート

★HTCClubというページがあるようです。テーマなど配布されています。
HTCClub
★moperaとmopera Uの違いがわかりにくいですねえ。勉強中。

moperaは、お申込み不要で月額使用料が無料の、ドコモのワイヤレスインターネット接続サービス。

mopera Uまたはmoperaで接続の場合
アクセスポイント
mopera U    *99***3#(APN:mopera.net)
mopera     *99***1#(APN:mopera.ne.jp)

Web圧縮ならではデータを圧縮して、快適&おトクにインターネット
国際ローミング ならではFOMAパケット通信 お手持ちのFOMAで、海外からでも簡単データ通信!
パケットフィルタリング

@niftyFOMAの設定。

ユーザー名 フルドメイン形式
@nifty ID+@nifty.com(例:abc12345@nifty.com)
パスワード @nifty IDのログインパスワード
APN nifty.com

TCPMP

TCPMPに関して、とてもわかりやすい解説です。

TCPMPの紹介記事は沢山あると思われますが、
備忘録&aviさんへのリスペクトって事でUPしましたw ..._〆(゜▽゜*)

雑記

★ネットワークカメラって面白そうです。

ネットワークカメラとは、文字通りネットワークに接続することのできるカメラのことです。インターネットや社内LANを利用してリアルタイムに離れた場所の映像をパソコンや携帯電話で閲覧することが出来ます。

★memさんによるmicroSDの料金比較です。助かります。

まずった!microSDカードを持ってないじゃないか!ということで,秋葉原に行く時間もないので慌ててAmazon楽天で安いところを探してみる.

TSUTAYAで旧作レンタル半額セールをやっていました。TSUTAYAクーポンは、いつもは携帯電話でゲットしていたのですが、今回は、W-ZERO3[es]で挑戦。http://tsutaya.jpにアクセスして、登録。無事にゲットできました。

ワンセグ携帯P901iTVは、モバイルSuicaが使えるのですが、まだ使う気にならないんですよね。何か面倒で。

ただし、ビューカード以外のクレジットカードを登録する場合は、年会費1,000円がかかる。2006年10月1日??2007年3月31日の期間は「年会費初年度無料キャンペーン」が実施される。ビューカードを利用する場合の年会費は当面無料。

W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト

mixiのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)を自前で作ってしまった「いとうSNS」は、モバイルユーザーの憩いの場です。登録者が1200名を超えております。

いとうSNSで「W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト」を開催中です。10名に方に、丑やストラップをプレゼントします。みなさんの応募をお待ちしています。
エントリーしていただいたコラムをこちらで紹介させていただきます。今回は、yasuhoさんです。プログラミングの楽しさを書いていただきました。

WS003SHユーザのyasuhoと申します。
私の考えるW-ZERO3最大の魅力。それはプログラミング可能という点です。
昔からモバイル機器が好きでして、いろいろな機器を使ってきました。しかしいわゆるPDAにはあまり手を出してきませんでした。その理由は「結局買い替えになってしまう」という点です。
こういったモバイル機器はPC以上に持つ人の個性が現れます。100人いればそれぞれ違った使い方をするでしょう。そんな中自分好みにカスタマイズしたいのは自然な欲求ではないかと思います。
W-ZERO3はサブセットとはいえ、Windowsと同じプログラムを作ることが可能です。UIを持つアプリはもちろん、通信やファイル操作も気軽にプログラミングできます。Microsoftからはフリーで開発環境はもちろん、エミュレータも提供されている。ちょっとクセはあるけれど、開発はなかなか快適です。
みなさんも少なからずオンラインソフトをお使いになられているかと思います。気に入らない部分は自分好みにカスタマイズできる。その気になれば自分で作ることだってできる。プログラマブルな通信デバイスという意味で、W-ZERO3は私の理想のデバイスに近いですね。
かつて私はデータスコープのユーザでした。残念ながらデータスコープはあまり振るわなかったようですが、私はそこに未来を感じたものです。W-ZERO3も本当に売れるのかと心配したりしましたが、この盛況ぶりにとても嬉しくなっています。
プログラマブルでちょっとマニアックだけど楽しいこのデバイスとは、長くつきあっていきたいですね。

hTc Zユーザーの方が何人かいらっしゃるようです。
もんたの日記
Stock Deja Vu
masabooオタクな部分の日記
hTc zを自分仕様にする覚書
★moperaUを使うと、メールを自動受信するそうです。

moperaUの自動受信ですが、まったく自然に受信します。M1000のように入力途中に受信すると入力パネルが閉じてしまうようなこともなく、バックグラウンドで受信してくれます。

★こんなユーティリティがあるそうです。
kei_1's Blog: HTC TyTNの設定ツール fit4cat Hermes Tweaker
★純正ケースは要注意なようです。
マイナス40度の世界から - Hermesのケース(悩)
★Asukalさんが激しく活動しておられます。
大陸諜報活動新聞・解放区〜Voice Dialer for HTCz
大陸諜報活動新聞・解放区〜MSN Today Plugin&Inbox/a>
大陸諜報活動新聞・解放区〜MMS Client for HTCz
大陸諜報活動新聞・解放区〜Smart Dialer for HTCz
★リンクです。
台湾生まれのスマートフォン ドコモ「hTc Z(ズィー)」 - hTc Z vs W-ZERO3[es] - - 総合IT デジタル情報サイト「livedoor コンピューター」
写真で見る「hTc Z」〓モバイル-最新ニュース:IT-PLUS
NTT DoCoMo hTcZ - Windowsケータイ.com
hTc Z ならぬ HTC TyTNレビュー

丑や・手帳型革カバーの試作品

PDAケースでお馴染みの「丑や」さんで、W-ZERO3[es]の手帳型カバーの試作品を作ったそうです。まだ商品化するかどうか決まっていないそうです。写真を送っていただいたので掲載します。

音量調整ボタン部分とカメラ、スピーカー部分は穴が開いているそうです。試作品なので、音量調整ボタン部分をクレジットカードで固定しています。本体固定は、マジックテープだそうです。

もし、ご意見や、商品化希望の方は、以下のメールフォームで受け付けているそうなので、ぜひ、意見を送ってみてはいかがでしょうか。ユーザーの意見で商品化されるのも、なかなか楽しいことだと思います。
http://www.kyoto2001.com/ushi-ya/mail/postmail.html
cow shop ushi-ya #丑や
http://www.kyoto2001.co.jp/ushi-ya/

雑記

★MP3を1つのファイルにするソフト。

簡単な操作で、さまざまな種類のファイルをひとつに結合する

ワンセグ携帯P901iTVですが、イヤフォンを繋いでもスピーカーから音が出てビックリしました。メニュー→設定→外部オプション→イヤホン切替で、イヤフォンだけ鳴るように設定しないといけないんですねえ。何か変な初期設定だなあ、と思いました。

W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト

mixiのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)を自前で作ってしまった「いとうSNS」は、モバイルユーザーの憩いの場です。登録者が1200名を超えております。

いとうSNSで「W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト」を開催中です。10名に方に、丑やストラップをプレゼントします。みなさんの応募をお待ちしています。
エントリーしていただいたコラムをこちらで紹介させていただきます。今回は、くりちゃんです。スケジュール管理の優位性を書いていただきました。

僕はスケジュール管理が下手でいろいろなツールを使っていました。
ZaurusPalmWinCE
PDA以外でも整理手帳、能率手帳、携帯電話。
一番理想なツールは携帯電話でした。
なぜなら大抵の場合、持ち運ぶからです。
しかし、携帯電話での管理には限界がありました。
大抵の携帯のスケジュールは300件という制約がありました。
そんなときです。W-ZERO3というスマートフォンが発売されました。
携帯電話でありながら、300件の制約もない。。。
まさに僕の理想のツールでした。
現在、W-Zero3でのスケジュール管理と通話、通信で満足な日々を送っております。
ただ、1つ欠点があります。。。。。
うちの会社のトイレでは電波の調子が悪いです。。。。
(トイレでサボって投資。。。。できませんorz)
悪いことに使えない仕様になっているようです(笑)

動画変換方法

私は、PocketDVD for Palmというソフトでエンコードしています。2時間でQVGAサイズで300メガくらいになるので、miniSDメモリカードに入れて持ち歩いています。
http://www.pqdvd.com/watch_dvd_on_pocket_pc.html

おいらはDVDからAVIファイルに変換して、ぜろさんで鑑賞しています(・∀・)♪
だから変換方法が知りたいんじゃ!ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
と突っ込み頂いたので、今度はおいらの変換方法を紹介します....〆(・ω・` )カキカキ

レザーフィットケースと平型アダプタの組み合わせ

ちょっと暇ネタです。モバイルベストのレザーフィットケースを愛用していますが、ちょっと思いついたので、試してみました。
こちらはラスタバナナの平型変換ヘッドフォンアダプタです。ビックカメラなどで売っています。平型プラグをステレオヘッドフォンプラグに変換するものです。iPodのヘッドフォンがW-ZERO3[es]に流用できるので、愛用しています。

平型変換ヘッドフォンアダプタに、キーフォルダーについていた紐と金具をはめてみました。

そして、レザーフィットケースの固定用ボタンを外します。

平型変換ヘッドフォンアダプタを付けてみました。

使うときは、こんな感じですぐにはめることができます。

W-ZERO3[es]では、動画鑑賞をTCPMPでやっていますので、その度に平型変換ヘッドフォンアダプタを出して、iPodからヘッドフォンを抜いて、アダプタを付けて、W-ZERO3[es]繋ぎなおしていました。平型変換ヘッドフォンアダプタが、es本体に常時ぶら下がっているだけで、随分手間が省けます。

W-ZERO3「es」  レザーフィットケース
通常価格 4,980円 (税込)を今なら1000円引きの
特別価格 3,980円でご提供。

雑記

★キーボード付きストレートタイプのHTC S620はいい感じですねえ。W-ZERO3もこのタイプが出ないかな。

HTC S620(コードネームExcalibur)、ランドスケープ表示、QWERTYキーボード、Wi-Fi、JOGGR(ジョグダイヤル)、960 mAh、Windows Mobile 5.0 for Pocket PC AKU 3.0、550-600ドル。

★これは凄い賞品です。USBハブ、乾電池USB充電、スピーカーを兼ねています。モバイルで便利そうです。
サンコー NB-mate:USBハブ・スピーカー・充電・給電器 - Engadget Japanese
★うちの平型変換(ドコモの付属品)は、発着信スイッチを押すと通話になりますが、終話ができませんねえ。まあ、本体で切るからいいけど。

発着信スイッチをダブルクリックすると「通話キー」。長押しすると「終話キー」と同じ機能を持つんだ。

ロケフリが新型になるそうです。Windows Mobile用のソフトのリリースはまだかなあ。

ソニーは、映像コーデックにH.264を採用した新「ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」を10月20日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は33,000円前後の見込み。

★試しに作ってみました。古い電話のイラストを借りてみました。

自分のサイトの公式シールをジェネレートするジェネレータ

iMacが安くなったようです。

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米アップルコンピュータNasdaq:AAPL)は6日、個人向けパソコン「iMac」シリーズの新製品を発表した。発売価格が999ドルと、現行の最新モデルの発売価格を23%下回るものもある。

W-ZERO3[es]Bluetoothを利用して、プリンターが使えています。すごいなあ。

バッテリ駆動出来てBluetoothも使えてイイ!各種カードスロットもあるけど、やっぱり高速ワイヤレス送信は気持ちイイ。デメリットは、モバイルにはちょっと大きい、わざわざW-ZERO3[es]とSELPHYにBluetooth環境を用意する必要がある、初期費用、ランニングコストといろいろあるが、楽しければ良し :)

★今度はタトゥーを作ってみました。

部位と紋様とを選択した後、任意のメッセージを記入すると、フラッシュ動画で、せくしーオネーサンがくねくねしながらタトゥーを披露してくれるんだな。

はてなフォトライフの料金コースが変わったそうです。はてなダイヤリーを有料にしているユーザーは100メガまで使えるそうです。早速、フォトライフをデジカメコースからケータイコースに変更しました。それにしても、このアナウンスはユーザーにないんですねえ。はてなダイアリー日記をチェックしていて、初めて気がつきました。

はてなフォトライフのファイル容量拡張に伴い、はてなダイアリー有料オプションフォトライフの「ケータイコース」を組み込みました。はてなダイアリー有料オプションを申し込まれている方は、追加料金の必要なく100MBまではてなフォトライフに写真をアップロードしていただけます。(継続、停止などはダイアリー有料オプションと連動します。また既に「ケータイコース」をご利用の場合は次回以降の継続料金が無料となります。)

★こんなファームウエアがあるんですね。iPod nanoで試してみようかな。

本連載第5回でiPod用のLinuxを紹介したが,音楽に焦点を当てた「Rockbox」というオープンソースでフリーのファームウエアがある

W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト

mixiのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)を自前で作ってしまった「いとうSNS」は、モバイルユーザーの憩いの場です。登録者が1200名を超えております。

いとうSNSで「W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト」を開催中です。10名に方に、丑やストラップをプレゼントします。みなさんの応募をお待ちしています。
エントリーしていただいたコラムをこちらで紹介させていただきます。今回は、kamiken1968さんです。W-ZERO3[es]のオモチャとしての魅力を書いていただきました。

いま一番身近なコンピュータ、それがW-ZERO3[es]。(^○^)
パソコン黎明期に生まれた私にとって、パーソナルコンピュータは子供の頃から『最強の憧れのオモチャ』でした。
当然何十台もパソコンを使ってきたし、ゲーム機もPDAもたくさん所有してきました。
そんな私にとって、W-ZERO3[es]はいま一番身近なコンピュータになってくれています。
ゲームもできるし、簡単な仕事もできるし、メールやWebで人と繋がる事もでき、電話して直接話すことだってできる。
サイズも小さくなったから、肌身離さず持ち歩いても、苦にならない。
ダイヤルキーのおかげで、電車の中で立ったまま使うのも楽になった。
コンピュータだから、アプリを入れてのカスタマイズも比較的カンタン。
USBで周辺機器も繋がって、手間と熱意と、ちょっとのお金をかければ、さまざまな用途に使うことができる。
こんな面白いオモチャはありません。
こんな便利なオモチャはありません。
ケータイだと思うと、不便な事もあるかもしれません。
家電感覚で付き合うと、痛い目を見るかもしれません。
でも、それを補って余り有る、自由度と懐の深さが、W-ZERO3[es]にはあります。
みなさんもぜひ、W-ZERO3[es]とパーソナルな関係を築いてみてください。

雑記

★ついに映画もダウンロード販売の時代に突入ですね。

Amazonは9月7日、噂されていた映画/テレビ番組のデジタルダウンロード販売を開始した。「マトリックス」「ウルトラバイオレット」など多数の長編映画Amazonのワンクリックで購入し、独自のプレーヤーソフトやWindows Media携帯プレーヤーで視聴することができる。

★無料とはうらやましいです。

IP電話ソフトのSkypeは9月7日、フランスのSkypeユーザーが、フランス国内の固定電話に電話をかける際の通話料金を無料にすると発表した。

★バイクでW-ZERO3[es]GPSを利用したそうです。実際にモバイルのGPSは、現在位置確認より、軌跡のトレースが楽しいんですよね。地図に自分の移動した位置が書き込まれるのは面白いです。

W-ZERO3[es]をForzaに搭載しての、走行テストの感想です。

★私は、丑やさんのミニストラップを愛用していますが、小さなストラップを中指にひっかけて使うのは、とても使いやすいです。

esに携帯オプションで有名なラスタバナナさんのベアリングストラップ(商品名)というリング状のハンドストラップを付けてみました。

LeatherCase for W-ZERO3[es] タテ型

京都・丑やさんのLeatherCase for W-ZERO3[es] タテ型を購入しましたので、レビューします。

フタのない、縦型のケースです。esをこんな感じで挿入します。

一体感が素晴らしいです。

裏面はこんな感じ。

ボタンを外して、ベルトなどに固定をします。

実際に使ってみました。

取り出しやすいです。

縦型ケースは初めてなのですが、歩いていてもブラブラすることなく、うまくフィットして使いやすいです。しばらく愛用しようと思います。

LeatherCase for W-ZERO3[es] タテ型

PQzII

id:NARiさんの設定を参考にして、W-ZERO3[es]で使わせていただいているユーティリティソフトPQzIIの設定を見直すことにしました。

ランチャーとタスク管理など、ほとんどの操作をSmallMenuPlusにお任せして、これと修正されたPQzIIを組み合わせ、シンプルに操作可能な[es]を実現できました。

というわけで私の設定は、
○Windowタブ:Use OK button(Task Close/All) → チェック
○Buttonタブ:BAR1 HOLD → Runner[es]
○Buttonタブ:BAR2 HOLD → メモ
○Programタブ:WIN → SmallMenuPlus
IMEタブ:IME → 0x76(フルキーボードの"文字"ボタンでIME ON/OFF)
IMEタブ:Shift+CURSOR → NO
となりました。文字キーを押すだけで、IMEがオンオフするようになってとても便利です。今までは、レジストリを書き換えて行っていましたので。また、WINキーにSmallMenuPlusが割り当てることができて便利です。今までは、BAR1 HOLDにSmallMenuPlusを割り当てていましたので、空いたBAR1 HOLDをRunner[es]にしました。
PQzII
http://www.nicque.com/PQz/PQzII.htm

Windows Mobile Network Analyzer PowerToy

Microsoft Corporationは7日、Pocket PC/W-ZERO3用のネットワーク環境調査ツール「Windows Mobile Network Analyzer PowerToy」v1.0 英語版を公開した。Windows Mobile 5.0に対応するフリーソフトで、現在同社のダウンロードセンターからダウンロードできる。Pocket PC用とSmartphone用のインストーラーが配布されており、Pocket PCやW-ZERO3の場合は“analyzer_ppc_arm.msi”をダウンロードすればよい。なお、Windows Installer形式で配布されているため、W-ZERO3などから直接ダウンロード・インストールはできず、インストールにはWindows PCが必要。

雑記

★音源を探し中。
フリー音楽素材 MP3・MIDIを無料で提供 『SAM Free Music』
効果音g - 著作権フリーの効果音素材ダウンロード

Podcastポッドキャスト)やネットラジオSkype等での通話内容、自分で喋ったマイク音声など 取り込んだ音を簡単に編集することもでき、音楽CDをパソコンに取り込むリッピング機能も搭載しています。取り込んだ音声は、WAV、MP3、WMAにて保存が可能です。

Audacity」は特にWindowsではほとんど唯一と言っていいマルチトラックの編集ができるフリーのソフトです。このソフトはMac版、UNIX版もありますがフリーソフトとしては驚異的な高機能が評判。多くのポッドキャスターが使用しているのですね。

W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト

mixiのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)を自前で作ってしまった「いとうSNS」は、モバイルユーザーの憩いの場です。登録者が1200名を超えております。

いとうSNSで「W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト」を開催中です。10名に方に、丑やストラップをプレゼントします。みなさんの応募をお待ちしています。
今回は、とっつさんのコラムをご紹介します。

W-ZERO3が発売する一日前によし買おうと思って、夜中に並んで買いました。買った理由は、おもにインターネットでした。
W-ZERO3ははじめてのモバイルでしたがとても簡単に使えました。自分は初めて触ったパソコンがwin2kでした。まだまだ、パソコンも初心者ですが、こんな自分にもWM5を使いこなせるのは感動しました。
しかし、持ち運ぶときはポケットに入れて持ち運ぶので、どうしても大きさが気になりました。発売から6ヶ月に驚くべき発表がありました。esです。
これほど、魅力的な端末は見たことありません。
予約はできなかったですが、発売から次の日に購入できました。

伊藤さんのブログはW-ZERO3を購入してから見始めました。
はじめは『何でこの人はこんなにW-ZERO3を奨めるんだ?』(本当に失礼ですみません。)と思ってましたが、es修理に出してる時、やっとその訳がわかりました。
esがない生活は、本当に不便です。ちょっとブログが見たいときもわざわざパソコンを立ち上げなければなりません。外出中でも喫茶店に行って調べごともできません。
ケータイのスケジュールも使い物になりません。
後は、カスタマイズができないことです。


今、スマートフォンはまだまだ珍しい分類ですが、いつかは当たり前の時代になると思います。これから日本のスマートフォンが発展するように応援していきたいです。

雑記

★機内で、W-ZERO3が使えると有難いですね。飛行機に乗るときには、念のため、PDAも持参しようかな。

それで、かねてから、試してみたいことがあって、 「はたして、ZERO3[es]PDAとして機内で使用することを許されるだろうか?」 ということです。

★動画ビューワとして使いやすそうです。

今回、アジア太平洋地域で発表されたモデルは、「HP iPAQ rx4000 Mobile Media Companion」だ。製品名の“Mobile Media Companion”という言葉にピンと来た人も多いかと思うが、iPAQシリーズの中ではミドルレンジに位置付けられる。従来機のようにカメラを内蔵していたり、専用のAVランチャーを備えていたりといったギミックは持たず、シンプルなメディアプレイヤー/ビューワーに徹している印象だ。

★アンケートの結果は良好なようです。

この結果から、「買う」/「買わない」/「検討する」に分類すると、なんと約3割の読者が「購入する」意向を示したことが分かる。

Todayカスタマイズ

W-ZERO3[es]も環境が落ち着いてきたので、Todayカスタマイズを始めました。まずは、昔作ったTodayを入れてみました。さらにtodayCompactをお借りしました。あまりカスタマイズしすぎると不安定になってしまいますので、少しずつカスタマイズしていこうと思います。

Todayテーマ・W-ZERO3応援団ホワイトバージョン

todayCompact alpha3
W-ZERO3(007/004/003)の標準Todayアイテムを小さくまとめるアイテム。

(追記)
PQzII用のアイコンの応援団バージョンをnomalyさんが作ってくれました。早速、入れました。Wzero3blackというのを使わせていただきました。

PQzIIもVer.Upしましたし、微力ながら、Gzhさんとtf_ftrさん,伊藤浩一氏、各氏に感謝と敬意の念を込めて、カラーバリエーションを追加し、こちらにいくつかPQzアイコンを公開させていただこうと思います。
PQzアイコン   tf_ftrさん作WA2スキン   伊藤浩一のW-ZERO3応援団テーマ

(再追記)
「カレンダー for ポケP」を入れました。一番大きな表示で2ヶ月表示にしました。

「カレンダー for ポケP」は Today 画面にカレンダーを表示するソフトです

さらに、UKTenkiで天気予報を表示させました。aviさんのアイコンもお借りしました。

週間天気予報を表示するためのツールです。

右のアイコンが各フォルダに入ってます。各フォルダは16ドット版と24ドット版が入っています。どれかのアイコンを選んで,そのUKTenki.bmpファイルを\My Documents\UKTenki のフォルダにコピーしてください。Today の UKTenki をタップして、コンテキストメニューの「設定」を選んで、ダイアログを閉じれば設定が反映されてアイコンが変更されます。


NetFront3.3設定覚書

W-ZERO3[es]のブラウザですが、Internet Explorer Mobileをメインで使っています。NetFrontで一度不具合があったためです。esの環境も落ち着いてきたので、NetFrontの利用を再開することにしました。

バージョンアップによる新機能

NetFrontでは、こんな感じで、テキストのみ表示でシンプルに使っています。

設定→表示です。「テキストブラウズ」「Smart-Fit Rendaring」で、画像などのチェックボックスを全部外しています。

詳細設定でフォントの設定をしました。

明朝フォントを入れてあるので、それを選択。プロポーショナルフォント、クリアタイプのチェックボックスにチェックを入れます。フォントを変更すると本体の再起動をする必要が出てきます。

設定→その他です。カーソルキーモードをリンク選択(ジャンプ)にしました。音量ボタンでスクロールしているので、カーソルキーでリンク先移動が便利です。

ユーザーエージェントを変更しました。Internet Explorer Mobileのユーザーエージェントにしました。これで、w+blogにもアクセスができるようになります。

ブラウザ設定の一番最後にユーザーエージェント(UA)を変更する部分があるのでそこにIEUA
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows CE; SHARP/WS003SH; PPC; 480x640)
を入力して表示してみると見事IE用の縦長のページが表示されました。


IDとパスワードの入力する必要のある「いとうSNS」のログインもスムーズで、クッキーも効きますので利用が楽になりました。

通信速度は、2X+高速サービスですが、NetFrontのテキストモードは、非常に高速に表示が可能です。しばらくは、NetFrontをメインで使ってみます。
(追記)
id:kzouさんが紹介していたTIPSです。

実は便利なキーボードショートカットがある(新機能!)
まさにCtrlキーがついたW-ZERO3専用みたいなショートカット!
o Ctrl+A: すべて選択
o Ctrl+B: ブックマーク
o Ctrl+C: コピー
o Ctrl+D: ウィンドウを閉じる(タブを閉じる)
o Ctrl+N: ウィンドウを作成する(タブの作成)
o Ctrl+Q: 終了
o Ctrl+T: ウィンドウの切替(タブの切替)
o Ctrl+V: 貼り付け
o Ctrl+X: 切り取り
o Ctrl+←: 戻る
o Ctrl+→: 進む
ヘルプを消すのも楽勝(130KB削減)
今回からWindowsフォルダに79個で合計130KBのヘルプファイルを書き込むようですが、ActiveSyncとかで繋いだPCなどにコピーしたり、miniSDなどに退避させてサクット消すことも出来ます。(RAM領域の節約の為ね!)
o WindowsフォルダをAcitiveSync経由のエクスプローラーや、W-ZERO3のファイルエクスプローラーで開き、ファイル名でソートした後に"nf33_"で始まるファイルをBackUpなどを取ったあとに根こそぎ削除することが出来ます。
o バックアップは念のために取っておきましょう!

hTc Zのレビューです。

そこで今回はズバリ、W-ZERO3 [es]をメインのケータイとして愛用中の筆者が、もしhTc Zが一般販売されたら「乗り換えてもいい」と感じるかどうかを中心にお届けする。

pocketgamesさんでhTc Zグッズの販売が始まっています。

hTc z HTC TyTN特集

jigブラウザ

これまで、携帯電話向けフルブラウザとして着実にバージョンアップを重ねてきました「jigブラウザ」。カーソルキーによるポインタ操作やスクロール、片手でも使いやすいユーザーインターフェイス、細やかな設定項目など、ご好評をいただいています機能がW-ZERO3シリーズでもお使いいただけるようになりました。また、WILLCOM端末向けとしては初めて「jiglet」にも対応いたします。

OffisnailDateβ3

OffisnailDateβ3 2006.09.10
バグ対応&10キー操作改善を行ったΒ3 2006.09.10をリリースしました。
【変更内容】
変更点は以下の2点です
[es]の10キー操作を強化し、IMEが"_1"になっていなくても"_A"や"_a"の状態でも操作出来るようになりました。
※この機能を有効にするにはkey.iniを変更する必要があります。詳細方法は後述します。
フィルタの秘密度の項目名が違っていた為、正常に条件を指定できないバグを修正しました。

伸縮スタイラス自作バージョン

id:Peek_Dogさんが、W-ZERO3[es]用のスタイラスを自作しました。しかも伸縮!さらに、超ロングバージョンも作成しました。早速、お借りました。

一番右が純正スタイラス、真ん中が、Peek_Dog特製伸縮スタイラス、左が、Peek_Dog特製伸縮スタイラス超ロングバージョン。

伸縮スタイラスは長くて、とても使いやすいです。

縮めると、純正スタイラスと同じ長さになり、綺麗に収まります。自作とは思えない出来栄えに感激!

続いて、伸縮スタイラス超ロングバージョン。これは、凄く長いです。今までのスタイラスの常識を超えました。

縮めると、何故かちょっと長い。

実は、ちょっと飛び出るので、スタイラスボタンを使わなくても、スタイラスを取り出すことができます。とても便利!

伸縮スタイラスを自作したid:Peek_Dogさん、お疲れ様でした。

雑記

★新iPodが発表されましたが、shuffleの小型化にはビックリしました。iPod nanoを毎日使っていますが、shuffleモードでしか再生させていないので、shuffleでもいいかなあ、なんて思っています。

従来モデル同様に液晶ディスプレイは搭載しておらず、内蔵メモリのみで、メモリスロットなども装備しないシンプルなデザインを採用。ただし、外形寸法と重量が41.2×27.3×10.5mm(幅×縦×厚み、クリップを含む)/15gと、従来の24.9×83.8×8.3mm(幅×縦×厚み)/重量22gから大幅に小型・軽量化。クリップを備え、シャツなどに留めることができる。

★確かに、これは羨ましいです。使ってみたいな。

正式に発表になったと思ったらもうレビューが出ている。はっきり言って羨ましい :)

★リダイヤル操作で要注意ですね。

ところが、184・186発信の発信履歴を普通に指定して発信した場合は、何の確認画面が表示されることもなく 、勝手に184・186発信が取られて発信してしまう模様。

★esを修理したそうです。「リセットしてもウィルコムロゴでフリーズ、フォーマット不可」は、あちこちのブログでよく拝見しますが、修理するしかないようですね。

依頼後に何か催促したわけではないのに、約3日で返ってきました。いただいたコメントやネットの情報を見た限りでは1〓2週間は掛かっているのでかなり早い対応ですね(驚)
(故障内容)
起動加減から動かず。リセット不可。

★期待しています。

あくまで現時点での考えですが、日本の携帯電話はSIMロックがかかっているので、我々は値段が少し高めでもSIMフリーで提供したいと思っています。いろいろな戦略は考えていますが、まだ最終決定はしていません。

会社にZのデモ機が届いていたので色々触ってきました。

ソフトをインストールする順番でhTczの安定度が結構変わるような気がします^^;

ウィルコム端末対応になりました。

mixiのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)を自前で作ってしまった「いとうSNS」は、モバイルユーザーの憩いの場です。登録者が1300名を超えております。

いとうSNSが、ウィルコム端末対応になりました。W-ZERO3Internet Explorer Mobileでアクセスすると、携帯電話モードで閲覧できます。さらに、pdx.ne.jpメールで更新もできるようになりました。ぜひ、W-ZERO3でアクセスしてお試しください。

W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト


いとうSNSで「W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト」を開催中です。10名に方に、丑やストラップをプレゼントします。みなさんの応募をお待ちしています。
今回は、はぴいさんのコラムをご紹介します。

<モバイル=旅性能>

携帯電話なんで、持って歩くのが当たり前なんですが、いやいや、ほんとうに助かった!

今回、静岡、名古屋への旅行でこんなに重宝するとは思いませんでした。
ダッシュボードに取り付けたW-ZERO3

もともと高機能なコンピュータのような電話ですが、助かったよなあ、ほんとうに。

1週間の旅行だったんですが、フリーで仕事をやっている関係上、2本持っているブログの更新、SNS、仕事の文章書き、仕事のPOPメール、調べもの、とやる事はたくさんあったのでiBookも持ち歩きました。クルマだしね。

しかし!
無線LANでつなげばいいや、とか思っていたiBook
旅行中はほとんどデジカメの写真を吸い上げるストレージに成り下がっていました、、、
まだまだ地方は無線LANスポット、多くはありません。当てにしていた飲食チェーンも設備があるないは店舗によってまちまちで、接続には苦労させられました。
結局つなげたのは東名のSAでのフリースポットと名古屋東急インでの有線でのLANのみ、、、
そういった状況でW-ZERO3、小回りが利いて、早くはないけどどこでもほぼ、確実につながって、いつでもボクにネット環境をあたえてくれました。
いつでも、どんな状況でもネット環境が手に入る。これはものすごい事です。

実際クルマであってもいちいちノートを起動して、というのもおっくうです。そういう意味でもつかいやすい。

車中では訳あってもってこれなかったiPodの代わりにミュージックプレーヤーになり、独り寝の夜にはこれで持ってきた映画を見たり。
深夜の街道、見知らぬ街。ここはどこなのか、W-ZERO3がすぐに答えてくれます。
スケジュール確認、現地情報(カレー店舗(笑))をその場で手に入れたり。

手放せませんでした。

購入を躊躇してる友人、けっこういるんです。「いいなあ、欲しいなあ、検討しよう」まではいくんですが、もう一つ踏み出せない様子。
まずは手にとって、使ってみないと。ねえ。
あまりいい話しではありませんが、この高機能を持ったPDA、通信の契約をすればいまなら3万円くらい!
この内容で、この機械が「電話」でなければ(インセンティブ方式の販売システムの日本の携帯電話でなければ)たぶん、、6〜7万はする、そういう価値ある機械です。
仮にウィルコムでの接続環境があなたのスタイルに合わなかったら解約すればいい。解約したって、この本体はあなたの手元に残って、無線LANスポットでならネット接続だって出来ます。
いいおすすめのしかたじゃないですよね(笑)

でもね、PSPとかDSとかいってる場合じゃあないと思うんだけどなあ、、、


追記
先月、仕事件で静岡、浜松、名古屋、岐阜と自動車旅行に出ました。その時に書いたブログのエントリーに加筆してみました。
回りにこのおもしろい機械を持つひとをふやしたい、そういう思いで書きました。
原文はこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/hapii3/39267372.html

雑記

★香港の賢人モバイラー達が立ち上がりました!素晴らしい企画です。あ〜、携帯天国の香港に行きたいなあ。昨年の今頃、香港に行ったんですよね〜。

お買い物サイトオープンいたしました!
華南モバイラーによる買い物代行サイトです。
日本のみなさまにより良いものを、より安く提供することをモットーにやっていきます。

★須山さんが、もうバラシています。すごいなあ。

iPod miniのラウンドシェイプとアルミボディーを踏襲したNew iPod nanoが本日より店頭販売スタート。miniの時でも箱根細工的な組み込みとなり、nanoでさらに高い集積度となったコンパクトiPod、ちょいと引っぱり出して見ました。

★ついにスマートフォンが動き始めました。コンシューマに販売、アプリインストール制限なし、定額プラン対応、キャリアプッシュメール対応が希望ですが、とりあえず、HTCブランドのものが出れば何でもいいです。まずは第一歩が大事ですので。

HTC Nipponボーダフォンは、2006年内にもHTC社製の3Gスマートフォンを発売することで合意した。

 両社は、OSにWindows Mobileを採用した3Gスマートフォンの開発・供給に関して契約に合意した。HTCは、NTTドコモを利用する法人ユーザー向けにスマートフォンhTc Z」を発売しているが、今回発表された端末がどういったものになるのかは公表されていない。また、ボーダフォンブランドで提供されるのか、hTc Zのようにメーカーブランドとして提供されるのかについても検討中とされている。

NokiaでmoperaUの設定方法だそうです。

NOKIA S60端末で、ツール〓設定でアクセスポイントを追加設定します。
任意の名前:mopera.net
データベアラ:パケット通信
アクセスポイント名:mopera.net
パスワード確認:いいえ
認証:標準
と設定します。パスワードは不要で、適当にmoperaとか入れておいても大丈夫でした。

来ました

ドコモのhTC zをお借りしました。Windows Mobile日本語版搭載の、HTCブランドのスマートフォンです。コンシューマ向けに販売されていないため、入手が困難な機種です。

箱の中身です。本体、バッテリ、ACアダプタ、ヘッドフォン、予備スタイラス、USBケーブル、ケースが入っていました。

冊子類です。マニュアルは薄いです。

本体を触る前に、周辺機器関連です。実はpocketgamesさんから、Hermes(hTC z)用の液晶保護シート「Easy Protector」を入手済み。早速、貼りました。

id:masaboo0911さんから、安く譲っていただいたmicroSDの1GB。

さらにさらに、ドコモのワンセグ携帯P901iTVからFOMAカードを移します。

ACアダプタの先です。なんとUSBになっています。充電も同期もUSBなんですね。便利です。

早速、充電。フル充電が終わるまで、触るのを待とうと思います。

と、言いながらも、キーボードだけスライドさせてみたり。W-ZERO3を違って、左側がスライドで開きます。

hTC zは、液晶はQVGAながらも、無線LANBluetooth搭載のフル機能を持ったスマートフォンです。高機能ながらも、ドコモの定額プランが使えませんので、普通に使うとパケ死してしまうという、恐ろしいマシンです。コンシューマレベルで、どれくらい使い物になるのか、確かめてみたいと思います。早く電源を入れたいな。

moperaU無料アクセスポイント

mopera Uのアクセスポイント
通常のアクセスポイントおよびmopera U設定用の無料アクセスポイントがご利用いただけます。mopera U設定用アクセスポイントをご利用いただくと、パケット通信料がかかりません。
通常のアクセスポイント「*99***3#」APN:mopera.net 有料
mopera U設定用アクセスポイント 「*99***10#」APN:0120.mopera.net※3 無料

NetFront(R) LocationFree Player for Pocket PC

NetFront(R) LocationFree Player for Pocket PC」販売開始
―Pocket PCで自宅のテレビをさまざまな場所で手軽に楽しめる―

対応機種はW-ZERO3のみとなっているが、現在さまざまな機器で検証を行っており、順次増やす計画。「『W-ZERO3[es]』にも対応する予定」(グローバルコーポレートコミュニケーション部)だという。

hTc Zに関するレビューです。

台湾のメーカー、High Tech Computer(HTC)製のスマートフォンW-CDMAおよびGSM対応に対応し、FOMAカードでFOMAのネットワークを利用できる。iモードなどのサービスには対応しない。

★ドコモの料金プランで悩んでいます。定額が使えないので、パケットパック60にとりあえずしました。30万パケットまで定額です。しかし、先月W-ZERO3[es]のパケット量が170万パケットだったんですよね。う〜ん、恐ろしいです。

パソコンなどと接続してデータ通信を使いたい方
120,000〜450,000パケットは、パケットパック60がおすすめです。
450,000パケット以上ならパケットパック90がおすすめです。

(追記)
パケットパック60(30万パケットまで定額)の計算をしています。
1パケット=128バイトということは、300000パケット=38400000バイト(38.4MB)。一日1Mバイト程度しか使えませんねえ。計算合っているかな。さらに1パケット=128バイト=0.02円ということは、1Mバイト超過する毎に156円かな。

雑記

★ついにZuneの詳細が公開されました。Wi-Fiが面白そうです。どうせならBT搭載でワイヤレスヘッドフォンがいいな。

Microsoftが9月14日、デジタルメディアプレーヤーZune」のスペックを公開した。容量は30Gバイト、本体の色は黒、白、茶色の3色。音楽、写真、ビデオの保管、再生が可能。Wi-Fi機能を持ち、3インチのカラー液晶と、FMラジオチューナーを内蔵している。米国での発売はクリスマスシーズンになる見通し。

★これって、hTc Zで使えないのかな。

やってみました「Dual SIMスロット」のテスト(もう誰かやってたらごめん)。SIMカード状の基盤の先に、SIMカードを2枚挿入するスロットがあり、電源のON/OFFで2枚のSIMカードを切り替えて使えるというもの。ただ端末との相性が激しいので最近はあまり売れていないような気がします...

★写真を見ると、ますます魅力的な商品ですねえ。欲しいなあ。

アサヒビールが13日から展開するビール類キャンペーンの景品として登場するのが、W-SIMスロットとワンセグチューナーを搭載するオリジナルの腕時計型PHS。ぜひとも装着させてほしいと同社に向かうと、同じく「ナントカ警備隊」をやりたかった男がにこやかにポーズを決めていた。

筧利夫さんでした。

連続企画ページ、「W-ZERO3でブログしよう!」の5人目は、俳優の筧利夫さんでした
使用機種は、W-ZERO3[es](黒)

外観

ドコモのWindows MobileスマートフォンhTC zを使い始めました。W-ZERO3とは勝手が違うものの、さすがスマートフォンを続々とリリースしているHTC製だけあって、熟成された操作感でとても使いやすいです。
まずは外観です。まずはキーボード。W-ZERO3と比較すると、テンキーがないのですが、●+キーでテンキー動作をします。これはこれで使いやすいです。あと、メニューバー1と2がキーボードの上についており、使いやすいです。キータッチは非常に良いと感じます。

表面のボタンです。Windows Mobileスマートフォンの標準の構成です。メニュー1、メニュー2、スタートボタン、OKボタン、通話ボタン、終話ボタン、そして、5wayナビゲーションボタンです。

縦型にした場合、液晶上側にもボタンがあります。メールとIEの起動ボタンです。他のアプリに割り当て可能です。W-ZERO3[es]がアプリボタンをなくしてしまったのに比べて、hTC zは液晶上側にアプリボタンを確保しており、横型で使う場合にとても使いやすいです。あとは、テレビ電話用カメラ、電話&無線&BTのインジケーターランプがあります。

裏面です。カメラがあります。接写モード切替、フラッシュランプがあります。

底面です。USB口(充電&同期)、リセットボタン、裏蓋リリースボタン、赤外線ポートがあります。USB口に無駄なカバーがないのがよいです。そして、USBで充電も同期もできてしまうのは理想的です。

縦型にした場合の左側面です。ジョグダイヤル、OKボタン、メモ/録音ボタンがあります。ジョグダイヤルは回転&プッシュで操作がしやすいです。ジョグを使うのはクリエ以来ですが、やはりいいですねえ。OKボタンはToday表示では、スタートメニューをプルダウンします。よく考えられていますね。左側面のこの3つのボタンだけである程度の操作が可能です。縦型で持つときは、左手の親指で、側面ボタンを操作しています。

縦型にした場合の右側面です。電源ボタンとコミュニケーションマネージャーボタンです。このhTC zの魅力のポイントがこの二つのボタンだったりします。電源ボタンは、長押しで電源オンオフなのですが、普通に押すとサスペンドサスペンドからの復帰になります。しかも「電源ボタンのみでサスペンドからの復帰」という設定ができます。つまり簡易ロックになっているんですね。このサスペンド無線LAN機能もオフになりますので、なかなか使いやすいです。あとコミュニケーションマネージャーボタンですが、無線オンオフやマナーモードの設定など一気にできる設定です。これはとても使いやすいです。無線LANのオンオフで四苦八苦してしまうことがありません。

縦型にした場合の右側面の下側です。カメラボタンとスタイラスがあります。カメラボタンは他のアプリに割り当て可能です。スタイラスは伸縮式で、引き出すときに伸びて出てきて、差し込めば縮みながら挿入できます。自分で伸縮作業をすることなく、一番長い状態でスタイラスが使えます。よく考えられています。

全体的に、キーボードだけでなく、他のボタン機能も充実しており、とても使いやすい筐体だと感じました。日本で今後出てくるスマートフォンも、キーボード以外のボタンの部分への工夫が見られるといいな、と思いました。

ネットワークの選択

それでこの方法で、インターネットの場合はまず無線LANに接続するようにしてます。moperaUで接続したら大変な目に遭いますから。(これがWMのネットワーク選択の考え方なのかな?)
接続設定画面→詳細設定→ネットワークの選択。

Bluetoothヘッドセットの使い方

そして、Bluetoothマネージャーでペアリングしておきます。ヘッドセットの電源ボタンを7秒以上押してペアリングモードにして、検索。パスキー0000を入れてペアリング終了。ヘッドセットは一度電源を切って、通常モードで立ち上げます。電源を入れるときは、耳にはめて電源ボタンを長押しすると音が2回なり、起動したことを知らせます。

PocketLadio

.NET Compact Framework v2.0をインストールしてついでにPocketLadio 0.16を起動。TCPMPがストレージカードに入れてあったので最初起動しなかったが,パスを変更したら問題なし

いやあ,すばらしいね。もっと前から使うべきだったかな。SHOUTcastに対応したのもナイスタイミング。

Exchangeサーバー

海外にはExchangeサーバーのレンタルサービスがあり、こちらを利用することで外部のサーバと予定表をシンクロしたりすることが出来ます。

また、OWA(Outlook Web Access)でWEBブラウザ上で日本語版のOutlookとほぼ同等な画面がみれて、さらに編集までも出来るので、クライアントのPCにOutlookやActiveSyncがインストールされていなくても利用できるのが便利だったり(^^ゞ

W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト


いとうSNSで「W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト」を開催中です。10名に方に、丑やストラップをプレゼントします。みなさんの応募をお待ちしています。
今回は、孔来座亜(analyzer)さんのコラムをご紹介します。

そもそも、私とPDAとの関わりを辿ると、今から25年前(1981年)のNECのPC−8001との出会いに遡ることが出来ます。
仕事上、月の半分は電卓片手の集計作業に追われ、何とかそうしたつまらない仕事から逃れられないかと、当時やっと出現した「パソコン」なるものについて書かれた本を読んで、BASIC言語をそれなりに理解でき、わら半紙に自分で考えたデータ集計のためのプログラムを書き始めました。
当時はとてつもなく高価で敷居が高いと思われていたコンピューターが、意外に何とかなりそうだと、本体・ディスプレイ・プリンターの最小構成で当時60万円のセットを自腹を切っても購入しようと考えていたら、聞きつけた上司が何処からか調達して来てくれました。
実際に、プログラムを入力し、カセットテープレコーダーに保存しました。それなりに苦労はあったものの、意外なほど簡単にプログラムが走り、データ集計した一覧表がプリントされてきました。(当初は、残念ながら未だカタカナでした)
パソコンの便利さに気が付き、統計学や多変量解析、OR等のデータ分析手法を学ぶうちに、「何時でも、何処でも」使える携帯型のパソコンが欲しくなりました。当時は、せいぜい「プログラム電卓」でした。私が手に入れたのは特売のカシオのFX−602P(画像参照)の廉価版の機種(確か3千円程度)でした。それでも単純な最小二乗法の直線プログラムを作成したり、アドレス帳を作ったり、それなりに実用になりました。
その内に、QWERTYキーボードを備えたポケットパソコン(ポケコン)等も開発されましたが、液晶画面はせいぜい三行程度、文字もカタカナ程度でした。その後も、ずっとポケットに入る本格的なパソコンが現れるのを望んでいましたが、どうも中途半端でした。
その後に私が購入したパソコンは、卓上型のPC−8801、ラップトップ型のPC−98LT?から、ノート型のSVGAのNEC−98ノートです。ポケコン(PDA)には画面の解像度が不足で私の満足できるものがありませんでした。Windows95の発売から、徐々に時代はDOSVパソコンへ変わって行きました。私もXGAの東芝サブノートパソコンDS−60Pへ乗り換えました。
2000年 4月、サンヨー製のDDI Pocket向け H”phoneを購入しました。
会社から支給された携帯電話は使っていましたが、当時単身赴任中でもあり家内との通話と、出先でのパソコンのモデムとして、当時としては比較的高速なH”をPCカードとセットで購入しました。
料金コースは、スーパーパックS(2,949円)でした。
2001年12月、(NEC製)NTT Do Co MoのシグマリオンⅡを購入しました。
私としてはVGA画面(640x480)にこだわっていたのですが、当時のパソコン通信のPDAフォーラムの人達に背中を押され、極めて割安だった事も有り「駄目元」で購入しました。
ところが、これが予想外に使える道具で、すっかりPDAに嵌ってしまいました。パソコンに比較すると超小型軽量、無線LANやUSB経由でメモリカードも使え、何よりも起動の速さは当時のノート・パソコンとは比較になりませんでした。
インターネットへの接続もマルチキャリアカード経由でH”をモデムとしても使えました。裏技でUSBホスト機能まで使えたのです。
母艦機のサブノートとのPIMの同期は勿論、海外製の高機能なオフィス・ソフトも使えましたし、アウトライン・プロセッサーや、家計簿など、その他の多くの母艦機のデータも、PDAで使えました。
ほとんどの、必要なソフトは揃っていたのですが、どうしても欲しいソフトは、送料だけで入手できる開発ソフトで、自分で作ってしまいました。
その後、軽快でアプリの多いパームも勧められて購入してみたものの、余りの機能の低さと、一筆書き入力に嫌気がして、直ぐに手離してしまいました。
なかなか私の理想とするPDAが発売されないので、私なりに新しいタイプのキーボードを考案したりしていました。(画像参照)
2002年12月、シャープのZaurus SL−C700を購入しました。
ついに待ちに待った、VGA画面のポケッタブルなPDAが発売されたのです。
ところが、OSがリナックスで、何かとWin環境との違いに戸惑いがありました。また、QWERTYキーではあるものの、シグマリオンⅡとは違い、ひらがな入力が出来ません。本体メモリの貧弱さを補うためにSDにスワップファイルを作ったりしたものの、余りの反応の遅さに辟易しました。バッテリーを換える度にリセットされ、日付から再設定しなければならないのも極めて不便でした。
しかも、新機種の発売のたびに、むしろ大型化・重量化して行ったのも、私には、期待はずれでした。
2005年 8月、京セラ製のWILLCOM AH−K3001Vを購入しました。
5年以上使い続けて来て、ついに故障で通話出来なったので、京ポンと呼ばれていた、新しい機種に変更しました。
折畳み式で、母艦機のアウトルックの連絡先を移行でき、またカード無しで直接パソコンのモデムとしても利用できるので大変便利に使っていました。
料金コースはデータ通信が主体なので、PIAFS専用のデータパック(2,677円)に変えました。
2005年12月にW−ZERO3が発売されましたが、たまたま機種変更して未だ4か月ほどしか経っておらず、購入価格が割高なのと、実際の使用感等の評価がどうなるか見極めるために、翌年6月まで購入を見送る事にしました。その間、「ウィルコムW−ZERO3ファイナルガイド」等を購入して、研究はしていました。
2006年6月のメモリの増設等の新機種発表では、仕事上、勤務先が変わったりしてバタバタしているうちに、買いそびれていました。
7月近くになって、新W−ZERO3を、いよいよ購入しようかと思い、色々情報を集めていたら、どうもマイナーチェンジではない新しい夏機種が出るらしいという噂を知り、7月4日の発表を確認して、7月11日の事前予約も何とかできました。
2006年 7月27日、シャープ製のウイルコム向け W−ZERO3esをついに購入しました。
料金コースは、インターネット接続が増える事が想定されるので、一般のパケット通信も可能なネット25(年間契約割引+A&B割引+3年超長期割引 3,402円)に変更しました。相変わらずWebメール主体で、Eメールやライトメールは利用していません。
やっと、ほぼ理想のPDAが現れたと感じています。
あれから2ヶ月近くになり、環境設定やアプリケーションのインストールを色々してきました。
今でも毎日、Webサーフィンをしながら、本当に実に様々な情報を得て、日々進化しつつあります。
仕事や、私生活にも大いに役立つ、まさに、私の日々の生活に不可欠な存在なのです。
詳しくは、私のブログで、カテゴリーW-ZERO3es を選択してみてください。関連情報が一覧で表示されるはずです。
http://analyzer.cocolog-nifty.com/bottle/
今でも、日々進化を続け、さらに便利で、私の生活に不可欠な存在になっています。esとの毎日を楽しんでいます。
VGA(640x480)以上で、QWERTYキーと通信機能を備えたスマートフォンの、パソコンのOSとアプリ環境の互換性に恵まれたWinCE機で、「世界最小最軽量」は、まさにesしかない無敵のPDAなのです。(本来なら少なくとも5万円以上の価値が有るでしょう)
欠点は、マニアックな事かな・・・
でも是非、多くの方々に、このPDAの限りない可能性に挑戦していただきたいと願っています。

esとの比較写真

ドコモhTc ZW-ZERO3[es]を並べて写真を撮ってみました。液晶サイズは、VGAQVGAの解像度の違いはありますが、同じくくらいです。テンキーの分、長さがesの方が長いです。片手で持ったときは、小さいhTc Zの方が小回りが効くのですが、テンキー部分をしっかりホールドできるesも使いやすいです。

キーボードを出したところ。esは液晶の右側をスライド、hTc Zは左側をスライドです。キーボードの打ちやすいさは、それぞれ特徴があって打ちやすいです。hTC zは、esより随分幅が狭いはずなのに、打ちやすさを確保しているのが凄いです。

本体右サイド。esのボリュームボタンに上下スクロールを割り当てているので、esは右側でスクロールします。あと、hTc Zはカメラボタンがあります。カメラボタンがあった方が、撮影は楽です。

本体左サイド。hTc Zジョグダイヤルがついているので、左側でスクロールします。私は右利きなので、左手で本体を持つことが多いので、左側でスクロールできるhTC zの方が使いやすいかな。

上部です。厚みはそんなに変わらないです。esは上部の左側からスタイラスを抜きます。

下部です。hTc Zは、下部の右側からスタイラスを抜きます。

裏面です。カメラがあります。どちらも接写モードがあります。esの方がカメラの性能はいいかな。スピーカーはhTc Zの方が音量が大きいかな。

液晶の比較です。最大輝度ではesの方が明るいです。

esの液晶。Yahoo!を表示させたところ。

hTc Zの液晶。esと比較すると、QVGAな分、フォントが少し粗くなります。また全体的にVGA表示の方がとても綺麗な表示になります。日常的には、hTC zQVGAで十分なのですが、esのVGAの画面をたまに見ると、綺麗さに驚きます。

日本のPDAの技術をつめこんだesと、スマートフォンとしてのノウハウを積み上げてきたhTc Zという感じで、それぞれ特徴があって、使いやすいさが工夫されており、面白いです。

Super Mapple Digital Ver.7

このW-ZERO3 [es]で使える“キラーアプリ”の一つと目されているのが、W-ZERO3 [es]の発表直後(2006年7月7日)に発売された昭文社の地図ソフト「Super Mapple Digital Ver.7」だ。

下記製品をご購入いただいた方が対象です。
Super Mapple Digital Ver.7 (DL、for Jungle、for Mio、for Sony、for Uを含む)
MappleX Ver.7


あとは、地図を外部メモリ (microSD 等) にインストールする場合のフォルダが \Storage Card\My Documents\Shobunsha\ から \Storage Card\Shobunsha\ に変わった。これがまたチグハグしてて、住所・駅名検索用のデータベースは相変わらず \Storage Card\My Documents\Shobunsha\ のまま。結局、microSD のルートに余計なフォルダが増えてしまった感じ。

tdClock

today画面に時計を表示させます。 数字や背景のビットマップを変更して好みの位置、サイズで表示できます

W-ZERO3との比較写真

ドコモのWindows MobileスマートフォンhTc Zを、初代W-ZERO3と比較してみました。さすがに、一回り大きさが違いますね。ボタン構成は基本的に同じですが、hTc Zは、液晶上部にアプリボタンが2個あります。

キーボード比較です。W-ZERO3は、キー間隔も広くて打ちやすいです。

裏面比較です。接写レンズのある分、hTC zの方が使いやすいですが、性能的には同じくらいかも。

右サイドです。画面回転ボタンがhTC zにはありません。画面回転をハードウエア的に操作しているためだとか。

左サイドです。私は、W-ZERO3のボタンカバーを全部外してしまっています。

上部です。W-ZERO3スタイラスがあります。横画面にしたとき、右サイドから抜く作業をするのは、W-ZERO3hTc Zも同じです。

下部です。hTC zにはリセットボタンがありますね。

液晶比較です。さすがにW-ZERO3は広いです。

初代W-ZERO3と比較して、今更ながらW-ZERO3の魅力を感じました。W-ZERO3は、日本初のWindows Mobileスマートフォンなのですが、こんなに大きな筐体で発売した決断は凄いなあ、と感心しました。普通だとなるべく小さな筐体で発売しようとか思うような気がします。大きな液晶の魅力は凄いです。これでBluetoothが搭載していれば、最強なのになあ、とhTC zと比べると考えてしまうのは贅沢でしょうか。小さなesも良いのですが、大きなW-ZERO3にも頑張ってほしいなと思います。

PreBrowser

今回リリースするのは PreBrowser というもので、「IEMobile のユーザエージェントを変更してから、IEMobile を起動する」というものです。

VoiceMail設定

先日のVoiceMail設定についてのエントリーで、その後単純に「1416」
でいけることが判りましたので下記の記述訂正します。

Setting > Phone > Service > Voice Mail and Text Messages

Voice Mail : 0906651416
(Text message service center は自動入力)

Spb Backup

Spb Backup も 1.5.1 に。こちらは bug fix のみ。
でも、バックアップソフトだからバグはこわいのだ。ササーッとアップデートしよう!

雑記

BlackBerryが発表になったようです。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/20060919b.html
9月26日発売開始。機種はW-CDMA対応の8707h。
専用プッシュメールBlackBerry ネットワークサービス」 5,700円/月(税込5,985円)。高い…
しかも法人専用だし、日本語入力は予想通りNamimail。

ウィルコムもオンラインで変更がやりやすくなるかな?

ウィルコムは、同社通販サイト「ウィルコムストア」の会員ユーザー向けのWebサービスとして、契約回線の通話料金を確認したり、コース変更などを行なえる「My WILLCOM」を10月3日15時より提供する。利用料は無料。

オンラインショップの「WILLCOM STORE」を2006年10月3日(火)にリニューアルし、マイページ機能「My WILLCOM」の機能を拡充いたします。これにより、オンラインサポートサービス「Pic@nic」を「My WILLCOM」に移管し、サポートサイトが一本化されます

KRUSELLホライゾン Phone L

PDA用ケースメーカーとしては老舗のKRUSELLの「ホライゾン Phone L」を入手しましたので、レビューします。

W-ZERO3[es]を横型に入れるとピッタリです。マグネット式のボタンです。

裏面です。ベルトを通せるようになっています。ベルト通しが2箇所あるので、安定感は抜群です。スプリングクリップではさむことも可能ですが、横型だと、結構重みでバランスをとるのが難しそうです。スプリングクリップは脱着可能です。

本体下側にカットがあり、実は、ここからヘッドフォンをつなげたりします。あと、サイドもカットがあるので、装着したまま充電も可能です。

高級感あふれるケースですので、背広にネクタイ、なんて姿で似合うような気がします。

高級本革のヨコ型携帯電話ケース。
裏にはベルトに直接ケースを通せるようになっています。
Multidapt対応。スプリングクリップ付属。
対応機種:W-ZERO3[es]

500万アクセスありがとうございます

「伊藤浩一のW-ZERO3応援団」のアクセスカウンターが500万を超えました。アクセスしていただいているみなさん、ありがとうございます。カウンターは1997年9月より設置しています。ホームページを開設して来年で10年になるんですねえ。
昔の日記の目次はこちらになります。
「伊藤浩一のパソコン日記」
http://homepage3.nifty.com/itokoichi/help.htm
当初はパソコンやモバイル機器を使っていて、自分の備忘録のつもりで始めたのですが、実は今もあまり変わっていません。それが少しでも情報共有という意味で、お役にたっていると嬉しいです。
最近は、ドコモのWindows MobileスマートフォンhTC z」というちょっとトリッキーなマシンを使い始めましたが、相変わらずW-ZERO3を応援する気持ちは変わっていません。このW-ZERO3が成功しないことには、日本のスマートフォン事情は変わらないと信じているからです。この素晴らしいマシン、カスタマイズ自由、通信定額、キーボード搭載、というW-ZERO3をユーザーの方は是非応援してください。あなたの使い方一つで、日本のスマートフォンの未来が開けるはずです。
500万感謝プレゼントもTK-BLOGさんのように豪勢にできるとよいのですが、毎月「いとうSNS」の方でプレゼント企画を実施ていますので、今回は見送らせていただきます。今月は、「W-ZERO3応援コラムコンテスト」にて丑やストラップ10名プレゼント企画をしていますので、よろしければ、「いとうSNS」にアクセスしてください。
http://itokoichi.so-netsns.jp/
それでは、今後ともよろしくお願いします。

Bluetooth内蔵USB HUB

id:kzouさんから行きました。

そもそも、機器によっては複数ポート使えないよね。とか、そもそも4ポート埋まることなんてないじゃないか、というのと、Bluetoothってそれなりに使えるよね。ということで、件のUSBハブにBluetoothのドングルを内蔵してみることにしました。

ポケットUSBホストアダプタ

esユーザー待望の商品です。これで、USBのBluetoothアダプターをお使いの方は、スマートにご利用できるのではないでしょうか。

USB機器を接続するためのUSBホストアダプタです。USB A - Mini Aコネクタ。W-ZERO3 [es]と一体感を持たせるために、形状をL型としました。まるで純正品のように見える仕上がりです :)
1470円(税込み、送料無料)、9月末より受付順に出荷します。
・ポケットUSBホストアダプタ W-ZERO3 [es]
サンプルを製作して頂きましたA氏、アドバイスを頂きましたK氏、M氏に感謝します!

バラシ

USBホストを内臓した時に、ふとネット上に大きめの拡大写真が掲載されていない事を思い、少し大きめのを分けて
撮ってみました。バラす勇気の無い人や、バラす予定で基盤をよく見たい人なんかは見て貰えると少しは足しかも?

海外でmoperaU

Qtek 9000についてもTreoと同様にFOMAカードを挿してmopera Uでのデータ通信に成功しました。

1. 電話機能を使えるようにする
o Comm ManagerでPhone機能を活かすとローミングする候補を捜し、自動的に接続します。 KPN Mobileにローミングしました。
o 画面の写真は後日掲載します。
o ローミングが完了すると本体右上のランプが緑色に点滅します。
o これだけでQtekを携帯電話として使えるようになります。
2. データ通信の設定
o 接続設定は(その33)の中で、modemとaccess pointのところをちょこちょこと変えるだけOKです。
+ modem → Cellular Line(GPRS,3G)
+ Access point → mopera.net
o 画面の写真は後日掲載します。

この設定をすれば、ブラウザでのデータ通信(はてなアップ)にも成功しました(^^

tdLaunch4SE[es]

akkaさんが作成されたtdLaunchに,
UK-taniyamaさんが機能追加されたtdLaunch4SEを
W-ZERO3[es]用に改造してみました。
他,アイコン描画関連に cLaunch のコードも若干流用しています。
上下キーのみで項目選択が変わるように変更
アイコンを設定値に合わせて拡縮
設定ダイアログを日本語化

ポケットUSBホストアダプタ

W-ZERO3[es]の魅力の一つは、USBホスト機能です。このUSBを活用することで、様々な周辺機器の接続が可能になります。いままでは、シグマリオン3で使っていたUSBホストケーブルを流用していました。昔は、このUSBケーブルで、シグマリオン3とvodafone702NKを接続したりしていました。なつかしいですねえ。今回は、esとUSBメモリーをつないでみました。何もドライバーを入れることなく、認識しています。とても便利です。

ただ、このUSBホストケーブルを持ち歩いたり、繋げたままW-ZERO3[es]を使うのは、取り回しが大変です。また、BluetoothドングルなどでGPSをする場合もケーブルが邪魔になったりします。そこで、このUSBホストケーブルを小型化しようとshino-blogのaviさんが試作を始めました。
http://blogs.shintak.info/default.aspx
そして、pocketgamesさんの「ポケットUSBホストアダプタ」として完成することになりました。凄いですねえ。ユーザーパワー爆発です。pocketgamesさん、K氏、M氏、お疲れ様でした。早速、「ポケットUSBホストアダプタ」のサンプルをお借りしました(製品版とは多少サイズが違うそうです)。いや〜、なんてコンパクトなんでしょうか。これがあれば、モバイルシーンでUSBホスト機能を使う機会が増えると思います。

ポケットUSBホストアダプタ
W-ZERO3 [es]と一体感を持たせるために、コネクタ形状をL型としました。まるで純正品のように見える仕上がりです :)サンプルを製作して頂きましたA氏、アドバイスを頂きましたK氏、M氏に感謝します!
USB機器を接続するためのUSBホストアダプタです。USB A - Mini Aコネクタ。装着したままキーボードを利用することは出来ますが、スタイラスは装着前に取り出すかまたは「ストラップスタイラス」をご利用くださいませ。

ミニオフ

ドコモhTc Zを使っています。なかなか難しい部分も多くユーザーの方にレクチャーをしていただきました。id:kzouさん、id:maitomoさん、id:Gzhさん、ありがとうございました。そのときの写真です。HTC Hermesが集合。しかも全部バージョンが違います。hTCzとTyTNとCHT9000です。まさかこの機種たちも、日本の居酒屋で異母兄弟に合うとは思わなかったでしょう。

キーボードのレイアウトも違います。hTCzの「文字」がTyTNでは「TAB」、CHT9000では「切替」です。

PQzIIのTIPS

キーボードユーティリティPQzIIを愛用しています。
http://www.nicque.com/PQz/
hTc ZはCtrlを使うためには、●とWINを同時押ししないといけません。これは両手を使わないといけないので、なかなか大変です。そこで、PQzIIで、キーボードのWINキーにCtrlを割り当てて使っていました。便利になった反面、液晶下部のWINキーと本体横のOKキーを押すと、Ctrlになってしまい、ちょっと不便でした。id:Gzhさんに相談したところ、キーコードを教えていただきました。

★Ctrlキーの出力を「●とWIMの同時押し」を「●を押してからWINキーを押す」に変更方法
PQzIIのSetup画面の「CTRL/ALT」タブにて、「CTRL」に「0x11」を入れる

とても使いやすくなりました。ありがとうございました。

留守電・ボイスメール

留守電が入るとSMSがくるのですがその指示に従っても留守電が聞けませんでした。試行錯誤の上
解決方法
windowsキー ->設定->電話(個人用)->サービス(タブ)->ボイスメールとSMSメッセージ
で設定の取得をタップ
ボイスメールの欄に1417を入力
一応は解決しました。しかし留守電を消去すると再度SMSがきます これ何とかなら無いのかなぁと思います。

Todayアイコン

Hermes は、残念ながら QVGA なので、画面に余裕が無い。それでもいぬちゃんは Today にたくさんの情報を表示させたいので、一番下に表示されているアイコンたちが邪魔なのだ!VGA の Universal では Bluetooth icon も表示させて重宝してたけど、Hermes では他の表示領域を優先させたくなってきた。

香港

香港に行ってから、もう一年になろうとしています。あの香港旅行から怒涛のモバイルライフが始まったような気がします。こちらは、香港からリアルタイムで更新していたココログのページです。

明日より、2泊3日で香港です。
今回の目的は、香港電脳街はもちろんのこと、BenQ P50を電話として使って、香港でモバイルをしてみたい、ということです。また香港で活動されている日本のモバイラーにお会いできるのも、楽しみです。

雑記

★これは凄いマシンですねえ。

きのうのエントリーで「なにこれ?」と報告した謎の物体ですが、Windows CE5.0搭載のUMPCのような、PDAのような、やっぱり謎の物体Xでした。

★早速、行ってきました。ミニアップルストアという感じでした。

Macintoshフルラインアップをそろえる「Mac Shop」がビックカメラ有楽町店にオープンした。アップルがShop-in-Shopとして自社ブランドの展開を図るのは今回が初めて。

「W-ZERO3[es]ビギナーズブック〜W-ZERO3応援ブック3〜」ダウンロード販売開始


電子書籍W-ZERO3応援ブック」の3作目を書かせていただきました。今回は、「W-ZERO3[es]ビギナーズブック〜W-ZERO3応援ブック3〜」です。
今までの「W-ZERO3応援ブック」の1作目、2作目は、「なぜ、W-ZERO3を応援するのか」という気持ちを書きました。日本の携帯市場にWindows Mobileスマートフォンが登場する意義、そして、このW-ZERO3PDAユーザーにとって救世主的な存在であることなどです。
W-ZERO3は結果的に大ヒットして、さらに後継機種W-ZERO3[es]が7月に発売になりました。より携帯電話ライクなスマートなスタイルにより、W-ZERO3がモバイルユーザー向けだったのに比べて、esは多くの携帯電話ユーザーに使われているように感じます。ユーザーが増えるのは嬉しいことなのですが、心配なこともあります。Windows Mobileという携帯電話としては特殊なスタイルが、スマートフォンという自由な楽しさを味わう前に、使いにくさなどを感じてしまわないか、ということです。W-ZERO3[es]は、自分でカスタマイズしていけば、本当に楽しいマシンです。しかし、そのためには、ある程度の努力がユーザー側に必要です。何もしないで、自分の使いやすいマシンとはなりません。自由で何でもできる分、ユーザー側にも知識や経験が必要となってきます。そんな苦労してまで、携帯電話を使うの?とお思いになるかもしれませんが、このスマートフォンの楽しさは、他の携帯電話では味わうことのできないものなのです。
そこで、今回の「W-ZERO3応援ブック」では、「W-ZERO3[es]ビギナーズブック」とさせていただき、初めてWindows Mobileマシンをお使いのユーザーに向けて、実用的なTIPSを紹介しました。ほんのちょっとした経験則を沢山入れさせていただきました。標準状態でアプリのインストールをする前に、どんなことに気をつけて運用すると快適になるのか、そんなTIPSです。今まで9年間、Windows Mobileの前身であるWindowsCEから使い続けてきて感じたことを書かせていただきました。ヘビーユーザーの方には物足りない内容かもしれませんが、そんな方には、改めて確認する意味でもお読みいただけると嬉しいです。また、初心者ユーザーの方には、マニュアル代わりにW-ZERO3[es]に入れていただけると嬉しいです。
こちらの書籍は、ブンコビューア形式になっていますので、W-ZERO3W-ZERO3[es]に内蔵されているアプリケーション「ブンコビューア」で読むことができます。ダウンロードしたファイルを本体のメモリの「マイドキュメント」の「ブンコビューア」に置いてください。
現在は、電子書籍サイト「PDAbook.jp モバイルブック」にてダウンロード販売が開始しています。他のサイトでも随時販売開始予定です。よろしくお願いします。

W-ZERO3[es]ビギナーズブック〜W-ZERO3応援ブック3〜
XMDF形式 
伊藤浩一
イカ
300円(税込315円)
641KB 
今もなおベストセラーとして君臨し続ける「W-ZERO3応援ブック」シリーズ、最新作。前作、前々作では、著者である伊藤氏のPDAに対する想い、応援団を作るに至ったいきさつなど、同氏のW-ZERO3にかける熱い想いが伝わる内容だったが、本書は、W-ZERO3[es]がこれまで以上に携帯電話として使いやすくなったことを受け、「初心者でも快適に使えるように」という祈りをこめて、実用に即したマニュアルとなった。バッテリを長持ちさせる方法や、安定して使うための設定術など、長年モバイルを使いこなしてきた著者だからこそ心得ている数々のTIPSを惜しげもなく伝授している。これらのTIPSを駆使することで、W-ZERO3[es]はさらに使いやすい端末へと生まれ変わるだろう。

(追記)
週間ベストセラーで1位になっているようです。ありがたいことです。

■週間ベストセラー(2006/09/14 - 2006/09/20)
1位 W-ZERO3[es]ビギナーズブック〜W-ZERO3応援ブック3〜/伊藤浩一

(再追記)
携帯電話でも提供が始まりました。ドコモとauの「どこでも読書」です。公式サイトの電子書籍からアクセスしてください。
(追記)
クラブビットウェイでも販売が始まりました。
クラブビットウェイの電子書籍店『ビットウェイブックス』

MoperaU接続による画像版のスピードテストでは223.46kbps。HSDPAの対応エリアでは無いため恩恵は無いが、MoperaUのWeb圧縮を使うと、444.90kbpsにもなる。たまたまだと思うが、TyTN(vodafone@connect)でも223.46kbpsと全く同じ記録であった。

コンパクトフラッシュスロット対応メモリースティックデュオアダプター

これがあると、メモステレコーダーで録画した番組を、CLIEではなく、CFスロットのあるiPAQシグマリオンで見れるのかなあ。

名称:コンパクトフラッシュスロット対応メモリースティックデュオアダプター
型名:AD-MSCF1
希望小売価格:5,985円(税抜価格5,700円)
・2007年2月発売予定

SIM Card
SmarTone
発行国香港
お値段¥2,800(税込み)
[new] 東京在庫品
香港発行のSmarTone SIMカードは日本を含む世界160カ国以上で国際ローミング可能。HK$ 180の通話が可能です。

こういう方にお勧めです:
■香港に行く方(中国へ行く方は中国、香港専用China UnicomSIMカードをお勧めいたします)
■中国、香港から日本へ国際電話をかけたい方
■出国前に電話番号を友人などに伝えたい方

ということで香港にこられるモバイルな方は、Hutchisonの3G Internetional Roaming Rechargeable SIM Cardをぜひ買いましょう??

プリペイドであってもHK$100で50MB分の使用量がある。ビデオのストリーミング等見ない限りかなりの使いでがある。

3G World Congress&Exhibitionが開催された香港で、3GのプリペイドSIMと端末を買ってみた。プリペイド携帯でどこまでできるのだろう?

国際ローミングサービス 通話・通信料・サービスエリア検索
検索結果
 香港[香港]

モバイルベスト・ストラップスタイラス

いつもケースでお世話になっているモバイルベストさんのストラップスタイラスを入手しましたので、レビューします。実は、ちょっとだけアイデアを出させていただきました。

まずは、一押しの開運勾玉スタイラスです。

開運勾玉スタイラス
価格 1,780円 (税込)
モバイル機器に欠かせないスタイラスを使いやすくした新しいストラップスタイラスに天然石を使った勾玉タイプが登場です。


ストラップスタイラスというと、ゴツいイメージがあるのですが、これはとても可愛いです。女性にピッタリかも。ストラップも短くなっていますので、外して使います。

ペンタッチもスムーズです。

付けていて邪魔になりません。

続いてはペン型のストラップスタイラスペンです。

特製ストラップスタイラスペン
価格 980円 (税込)
モバイルベストからモバイル機器に欠かせないスタイラスを使いやすくした新しいストラップスタイラスペンが登場です。


ペン型スタイラスは他のメーカーでもあるのですが、ストラップになっているのは珍しいです。

ペン先は、こんな感じ。

ペン型で太さもあるので、使いやすいです。

続いては、高級なスタイラスペンです。

高級シルバースタイラスペン
価格 1,780円 (税込)
モバイル機器に欠かせないスタイラスを使いやすくした新しいストラップスタイラスペンに高級感のあるタイプが登場です。


色合いは、W-ZERO3[es]のホワイトにぴったり。

書き味もいいです。

ストラップから外せば、独立したスタイラスペンとして持ち歩き可能です。

ストラップスタイラスは、使いはじめると、とても便利なものですので、何かお試しになってはいかがでしょうか。
モバイルベスト
http://www.mobilebest.net/

レビューその1・電話ができるまで


ドコモのWindows MobileスマートフォンhTc Z」を使い始めました。写真レビューばかりしていた、この数日でようやく環境が落ち着いたので、レビューを始めます。

HTC社製のMicrosoft Windows Mobile5.0を搭載した「通話/データ通信もできるスマートフォン」です。
タッチパネル・QWERTYキーボードによる簡易入力が可能。さらに国際ローミングが可能な多機能携帯です。

hTc Zは、Microsoft® Windows Mobile® 5.0を搭載した、第三世代 (3G) のポケットPCフォンです。コンパクトなサイズに最大限の接続性を備え、完全なビジネス用モバイル・ソリューションを提供します。Bluetooth®やWi-Fi®を介し、世界中のあらゆる場所で高速インターネットにアクセスでき、これまで以上に仕事における自由度が高まります。

hTc Zに搭載されているOSは、W-ZERO3と同じWindows Mobile 5ですが、微妙に違います。hTc Zが、「Microsoft Windows Mobile 5.0 software for Pocket PC Phone Edition 日本語版」で、W-ZERO3が、「Microsoft Windows Mobile 5.0software for Pocket PC 日本語版」です。Phone Editionかどうかの違いなのですが、これが結構違ったりします。違いは、追々説明させていただきます。
また、hTC zの大きな特徴としては、W-ZERO3[es]に搭載されていない無線LANBluetoothが搭載されていること。携帯ユーザーとしてはあまり関係ない部分かもしれませんが、PDAユーザーからすると、この機能があるかないか、は大きな違いとなってきます。W-ZERO3も諸事情はあるとは思いますが、無線LANBluetoothは、今後必須機能にして欲しいな、と思ったりもします。私は多少高くてもフル機能を望みます。
さらにカードスロットですが、hTc Zでは、microSDが採用されています。今後の携帯電話で多く採用されるであろうmicroSDなので、これは仕方がないことだと思って、microSDメモリカードを用意しました。
そして大きさですが、ここ数日写真レビューしていますが、hTc Zが高さ約112.5mmに対して、esが約135mmと、キーボードの分だけesが長くなっています。重さは、hTc Zが約176g、esが約175gと変わりません。esがちょっと長い分だけ、本体を持つと軽く感じます。

その他、詳しいスペック比較は、こちらに出ています。
スペックをW-ZERO3,W-ZERO3[es]と比較
hTc Zを前にして、実は結構、ドキドキしました。Windows Mobileマシンは多く使ってきていますが、今までとは異次元のマシンな感じです。また、日本語化されたマシンではありますが、異国情緒が大いにするマシンなので、触るのにちょっと緊張しています。英語版のtreo90、TungstenC、中国語版のBenQ P50を触ったときに近い感じがあります。W-ZERO3より何か近寄り難いような雰囲気です。こういうマシンが、もし一般売りされるようになると戸惑うユーザーが増えるんだろうなあ、なんて感じました。
さあ、このhTc Zを初めて起動してみました。バッテリとFOMAカードを挿して、右サイドの電源ボタンの長押しです。HTCのロゴの後、ドコモのロゴが登場します。

初期起動では、沢山のアプリケーションが自動的にインスートールされていきます。測定はしていませんが、数分かかっている感じです。ドコモ用のパッチをあてている感じがします(定かではありませんが)。
無事起動したところで、Windows Mobileでお馴染みの「ジョンソン歯科医」の設定です。W-ZERO3ではなくなっていた「ジョンソン歯科医」ですが、hTc Zでは、ちゃんとありました。そして、日付設定をして、使用開始です。
まずは、電話してみようと思いました。しかし、電話ができません。FOMAカードを認識していないようです。早速、本体下側のリセットボタンを押しましたが、認識しません。いきなりのトラブルか?と思いましたが、バッテリを外してFOMAカードを挿しなおしたら、無事認識しました。初期起動が終わってから、FOMAカードを挿した方がよいみたいですね。おかげさまで、無事に電話はできました。「通話ボタン」を押すと、画面に電話テンキーが出現して、電話ができます。

電話をしてみて、感じたことですが、こういうWindows Mobileスマートフォンが、ドコモのFOMAカードを挿して、日本国内でスマートフォンとして使える時代になったんですねえ。スマートフォンなので、電話できるのは当たり前なのですが、PDAを長く使ってきた人間にとっては、いつも感激してしまう瞬間です。電話ができる、というのは、本当に大きなファクターだと思います。
電話として使えたところで、通信端末としての設定に入ります。続きます。

InFont Mobile

クリアタイプを有効に設定し、ついでにフォントを入れ替えてみました。
使用したソフトはInSoftwareHouse Infont Mobile

概要
Pocket PCのための唯一のフォント・マネージャ。
詳しい情報
新しいフォント設置:選択、表示、設置の3段階だけで新しいフォントを設置することができます。
外部のストレージ支援:外部のストレージのフォントを設置して管理することができます。
システム・フォント管理:ワン・タッチでシステム・フォントを変更することができます。
One-Touch ClearType™ワン・タッチでClearType™を活性化することができます。

読者の感想

電子書籍W-ZERO3[es]ビギナーズブック〜W-ZERO3応援ブック3〜」がPDABOOKとビットウェイでダウンロード販売中です。

PDAbook.jp
ビットウェイ
コメント欄で「天に矢を放て!」さんに感想をいただきましたので、こちらに転載します。

「応援ブック3」、さっそくDLして読み込みました。私もPC110HP200LXJORNADAを経験してきたのですが、HP200LXのような優秀な操作性がWinCEには見当たらず、携帯V603SHを使い始めてからはPDAから遠ざかってました。逆に昨今の携帯のほうがHP200LX並の直感的かつ無駄をとことん省いた操作性を実現できてると考えていた頃に、W-ZERO3[es]を知りました。しかしハード的には大変魅力溢れる機体なのに、やはりソフト・OSのもたもたが〜(ーー;) 携帯に慣れたたぶんなおさら「携帯動作の基本すらできないPHS」にストレスが溜まり、解約処分しようかとまで考えておりました。
そこに、伊藤さんの「応援ブック3」です!
各種Tipsもモチロンすばらしいのですが、それ以上に伊藤さんのスタンスに共感しました。安定性と操作性の向上、私が求めているのもそれでした。ともすると電話機能おざなりにされそうな[es]のカスタマイズを、まともに電話を使える様にという視点で説明していただいて、とても助かりました。ストレスも解消です(^^ゞ これはPDAの愛好者以上に、携帯からの移行者にはぜひとも読んでほしい本(電子書籍)です。かなりのストレスが解消されます!  Zero-3や[es]を解約しないで済みます。幻滅せずに、これからのスマートフォンが楽しみになると、私はそう感じました!良い本をありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

感想ありがとうございます。W-ZERo3[es]ユーザーのみなさんに少しでもお役に立てれば嬉しいです。esを末永く愛用してくださいね。

レビューその2・通信篇

ドコモのWindows MobileスマートフォンhTc Zを使い始めています。
さて、通信に関してです。W-ZERO3だと、オンラインサインアップをしてね、とアラートが出て、オンラインサインアップをすれば、ネット接続もメール受信もできてしまいますが、hTC zは、そう簡単にはいきません。iモード非搭載のドコモ端末で、通信をするのは大変なことなのです。
Today画面に「mopera U」と出ているので、そこをタップすると、Internet Explorer Mobileが立ち上がって、moperaのサイトにつなぎに行こうとしますが、エラーで繋ぐことができません。スタート→設定→接続タブ→接続→既存の接続を管理、を見てみると、「mopera U」という設定が最初から入っていました。つまり、「mopera U」と契約をしていれば、初期設定をせずにネット接続ができる、ということのようです。この辺りは、さすが法人向けマシンということで、同梱してあるマニュアルには一言も書いていませんでした。
ここは、FOMAカードで、通信をするためには、mopera Uの契約をするか、無料のmoperaの設定を手動でhTC zにするか、もしくは、プロバイダーのFOMA接続設定を手動でするか、の3つの選択肢があります。
ここは、mopera Uを使ってみることにしました。後述しますが、メールの自動着信機能が使いたいので、mopera Uスタンダードコース(月額500円)を利用することにしました。
mopera Uの申し込みは、ドコモのオンラインページで行いました。
My DoCoMo
http://www.mydocomo.com/web/top/
料金プラン変更と同じ感じで申し込めました。ついでに、無線LANも申し込みました。プラス500円で、ドコモの無線LANサービス「Mzone」が使い放題になります。ここで注意するのが、Mzoneにすでに申し込んでいたので(一日使うと500円かかるコース)、Mzoneを解約しないと、mopera U無線LANコースで使い放題にしても、Mzoneの費用もかかってしまうそうです。とりあえず、月額1000円で、メール着信と無線LAN使い放題になりました。これが高いかどうかは、使い道次第かな、という感じです。まあ、iモードが使えない状態で、プッシュでメール着信を使えるだけでも嬉しいです。
ちょっと話は逸れますが、ドコモの料金ですが、
プランSS(3600円)+パケット60(6000円、30万パケットまで定額)+moepra U(1000円)=10600円
基本料で一万円超になってしまいました。さらに通話やパケットがどれくらいかかるのか予想できない状況なので、いくらになるかわかりません。ウィルコム
ウィルコム定額(2900円)+データ定額(36万パケット以上で定額3800円)=6700円
というプランで済むのを考えると、やはり負担が大きいです。
話を戻しますと、mopera Uの申し込みが完了すると、hTC zに早速、SMSが着信しました。mopera Uの申し込みが完了した、というSMSでした。
早速、Internet Explorer Mobileを起動すると、あっけなく繋がってしまいました。この接続感覚は、iモードに接続する感覚に近いほど、スムーズに繋がります。その分、パケット代が怖いです。moperaUでネット接続ができるようになったので、続いては、メールの設定です。

雑記

★発売になったようです。

Amazonで予約していた本が届きました(^o^) がんばろぅっと!!

Windows Mobile 5.0 アプリケーション開発 Beginner's Book (Gihyo Technology)

Windows Mobile 5.0 アプリケーション開発 Beginner's Book (Gihyo Technology)

vodafoneSIMカードの使い方です。

SIMカードを内蔵して、直接データ通信に使用することも当然可能です。
vodafoneのWebサイトにも資料がありますが、
Select a modem: Callular Line(GPRS,3G)
Access Point Name: vodafone
User Name: ai@vodafone
Password: vodafone

★ハッピーパケットスーパー、2950円で0.06円/1パケット。5万パケット(6.3MB)まで無料。6.3MBを一ヶ月で使うと一日辺り210KB。

定額料(無料通信)はメール(スーパーメール、スカイメール)送信・読出料、ウェブ通信料、モバイルデータ通信料、通話料にお使いいただけます。

★独り言ですが、esに無線LANカードを挿して、通話ボタンでskypeが立ち上がるようにして、テンキーダイヤルが使えて、通話ができれば、家族でも使えるskype端末になるなあ。

W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト

mixiのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)を自前で作ってしまった「いとうSNS」は、モバイルユーザーの憩いの場です。登録者が1300名を超えております。

いとうSNSで「W-ZERO3[es]応援コラムコンテスト」を開催中です。10名に方に、丑やストラップをプレゼントします。みなさんの応募をお待ちしています。
今回は、けんのすけさんのコラムをご紹介します。

W-ZERO3[es]の発表があった日、正直、がっかりした。(_ _)
次の製品は、Bluetooth機能が載り、もしかしたら、ワンセグまで載っているるものが出るのではないか・・・。
そうしたら今度こそW-ZERO3を買おうと思っていた。
ところが、出てきたのは・・・
 画面が小さい!(-_-;)
 何〜無線LANが入っていない!(-_-;)
 内蔵フラッシュ容量が、初代W-ZERO3と同じ!(-_-;)
何故、今のW-ZERO3PDA路線でなく、携帯路線に向かうんだ〜!(-_-;)
今回も、パスだな〜、これは・・・。(^^;
と、思っていた。
このときの私のPDA(モバイル)環境は、ZAURUS MI-E1 + カードPHSの組み合わせ。
取り合えず、メールも、Webも見れるし、MP3も聴けるし、asfファイルであるが、ビデオも見れる。
スケジュールの管理も、ToDo管理もでき、覚えきれないWebのパスワードなどのMemoも持ち歩ける。
特に、問題は感じていなかった。
あとは、音声用のPHSを1台。
こちらは、電話連絡と、携帯メールだけができれば何の不都合もない。
家に帰ると、ポストに、PHSを6年間機種変更なしで使っていたので、
Willcomから特別価格で、京ポン2に機種変更できる案内の葉書がきていた。
こ、これは、乗り換えるしかない!(^0_0^)
京ポン2のことを、Webで調べ始めた。
ふむふむ、カメラ付。Operaあり。Mailあり。ソフト別購入だが、MP3聴ける。撮り合えずスケジュールは可能。
ん、ビデオは見れないのか...。
どうせなら、1台でPDAPHSもできるのが欲しいなあ。
そうしたら、ZARUSとPHSを2つ持たなくてもよいからなあ・・・(~_~)
ん、W-ZERO3[es]か...。
OSはWindows Mobileが入っているのか、ならPDAとしては一通りできるだろう。
音楽も、ビデオも見れるし、当然、PHSは付いてる。
ふーん、Web通信中に電話が出れるようになったんだ。
キーボードにも明かりが点くんだ、じゅあ、駅からの帰りに歩きながらメールも書けるなあ。(^_^.)
ん、7/14から予約販売の受付か、取り合えずメールで予約販売の予約をしておくか。
・・・・・・
7/14予約販売開始。
か、買ってしまおう・・・ぽちっとな・・・(^^;
・・・・・・
7/27W-ZERO3[es]を手にしていた。(^^;
W-ZERO3[es]の使い始め・・・
う〜ん、なんだか、使いづらいなあ、これだとZAURUSの機能を置き換えることができるのか・・・。(~_~)
W-ZERO3(Windows Mobile)用のフリーやシェアのソフトをあさり始める。
お、結構良いアプリやユーティリティが揃っているじゃな〜いか!(^0_0^)
これ入れて、あれ入れて、これは購入するか・・・。
(あえて、何のソフトを入れたかは伏せておく。なんせ、ソフトを探すのも楽しみの一つだ。
 先駆者が沢山いるので、Googleれば、良いものが見つかるであろう。)
今では、完全にZAURUSからW-ZERO3[es]に完全に置き換わっている。
料金は、「ウイルコム定額プラン+リアルインターネットプラス」を選択。
完全定額なので、PHSへの電話も、インターネットも使い放題。
何の惜しげもなく、電話も、インターネットへも繋ぐことができるので、
早く切らなきゃいけないということもなく、精神的に良い。(^_-)
だから、朝起きて、夜寝る時まで、W-ZERO3[es]と一緒の生活だ!(^0_0^)
W-ZERO3[es]・・・憂いやつじゃ(*^O^*)

はてな不具合

はてなダイヤリー有料オプションにしているのに、はてなフォトライフで課金されてしまったようです。この60ポイントは返金されるのかなあ。ちょっと不安です。たまにチェックしないと余計な課金がされているような気がします。

はてなフォトライフ フォトライフ有料オプションを継続しました

itokoichi さんのフォトライフ有料オプションを継続しました。
〜〜〜〜〜〜
ご利用コース:ケータイコース
ご使用ポイント:60
〜〜〜〜〜〜

USBアダプタBO-SE

BO-SE
W-ZERO3[es]Bluetoothアダプタ前提USBアダプタ

BO-SEを入手しました。とてもコンパクトです。これで、USBホストケーブルと同じ機能とは信じられません。

こんな感じでminiUSBスロットにささります。

USBメモリを挿してみました。見事に認識しました。USB接続部分が下側にずらしてあるので、USBメモリを付けたまま、キーボードを開くことも可能です。この辺りは、細かい気遣いを感じます。

USBメモリに挿した状態で、esから抜いてみました。見れば見るほど凄いアダプタです。

コンパクトでとても使いやすいです。ボズシさん、ヘタレさん、お疲れ様でした。

料金プラン

私もびくびくしながら使っていますが,PCでのデータ通信をしない限りは,結構平気な気がします。パケット60でまず大丈夫なんじゃないでしょうか(私の使い方だと現状だとそこまで使い切れないかもしれません)。それと,私はドコモ歴が10年以上になるのでプランSSの場合,1,800円でいいってのも多少あります。それでも,現状ではウィルコムとは比較にならないくらい高いって感じもありますが,やっぱり,速度が違いますしねえ。

パケットパック30 3,000円 0.05円
パケットパック60 6,000円 0.02円

パケットパック30だと、6万パケットまで定額3000円、8MBくらいですね。一日に換算すると256KB。これくらいでもいいような気がしてきました。

PDAbookのピックアップにて紹介


電子書籍W-ZERO3[es]ビギナーズブック?〜W-ZERO3応援ブック3〜」ですが、PDAbookのトップページの「ピックアップ」に掲載していただきました。相変わらず、1位のようで嬉しいです。

W-ZERO3[es]ビギナーズブック?〜W-ZERO3応援ブック3〜/伊藤浩一
前作「W-ZERO3応援ブック」に続く第3弾。W-ZERO3という魅力的な端末を書き綴る、W-ZERO3ユーザー必見の一冊。

レビューその3・メールの自動着信設定

W-ZERO3の魅力はなんと言っても、メールの自動受信です。携帯電話では当たり前の世界ですが、PDAでは不可能に近いことでした。ドコモhTc Zスマートフォンなので、W-ZERO3と同じようにメールの自動受信ができるかというと、一般ユーザーには遠い話です。それは、iモードを搭載していないためです。つまり、iモードのメール機能である自動受信ができないのです。
hTc Zは、Windows Mobile端末ですので、Exchageサーバーを入れて、メールをプッシュしてもらえば、hTc Zでも自動受信が可能ではありますが、個人ユーザーでサーバー導入まではできません。
そんな個人ユーザーもiモードメールに近いサービスをドコモは用意をしています。mopera Uスタンダードプランのメール自動着信機能です。mopera Uのスタンダードプラン(月額500円)に加入することで、メールアドレスが配布され、このメールアドレスで受信をすると、SNS(ショートメール。電話番号同士のキャリア内メール)で、携帯電話に着信通知を送るというサービスです。
つまり、メールを自動受信はできませんが、着信通知が来るので、リアルタイムに近いプッシュメールサービスに近いことができるのです。ただし、SMSは着信に一通5.5円かかってしまいます。その後、メールを読みにいくにしても、パケット代は定額ではありません。メールを1通読むだけで、お金がどんどん飛んでいく、それが法人向けスマートフォンの実態です。
さらに、mopera Uスタンダードプランに申し込んだからと言って、自動的にメールの設定ができて、自動着信するわけではありません。自分で設定が必要です。この当たりもW-ZERO3のようにオンラインサインアップをすれば、自動的に設定をしてくれるわけではありません。
つまり、hTc Zでメールを自動着信するためには、mopera Uの申し込み、hTc Z端末の設定の二つを行わないといけないのです。メールを受信するだけでも大変です。この端末をW-ZERO3と同じ土俵で議論する意味が全くないことがこれからも明白です。W-ZERO3がいかに素晴らしいか、この辺りをhTc Zを扱うメディアはちゃんと考えていただきたいです。見た目だけ簡単に比較して、W-ZERO3のライバル、などと言ってほしくありません。しかし、hTc Zは、設定や運用で苦労をしてでも、魅力的なマシンであることは間違いありません。
話がそれました。hTc Zで、mopera Uメールの自動着信設定をします。
パソコンで、mopera U設定ページにアクセスして、IDとパスワード、メアドを設定します。さらに、mopera Uスタンダードプランで利用できるWEB圧縮、SNS着信先設定をしました。
そして、hTc Z上で、mopera Uメールが受信できるように設定です。プログラム→メールでメニュー→ツール→新しいアカウントで、mopera Uメールの設定をしました。
試しに、mopera U宛のメールに、メールを送信してみると、SNSがタイムラグなく届きました。そして、メールの送受信をするとちゃんと受信できていました。このmoperaUメールは、普通のpopメールなので、パソコンでも受信ができるので、便利です。
これで、hTc Zで、電話ができて、ネットに繋がって、メール送受信ができるようになりました。実は、ここまでの設定に数日かかってしまいました。HTC端末が初めてであり、mopera Uを初めて利用するために試行錯誤したためです。hTc Zには、ドコモ回線を使ってネットを接続するマニュアルも何も同梱されていません。ネット上を巡回して、何とか情報を集めて設定が終了しました。
携帯電話であれば、買った瞬間から、電話もネットもメールもできて当たり前です。W-ZERO3でもそれに近い環境が用意されています。海外スマートフォン、業務用スマートフォンを個人ユーザーが使うためには、なかなか大変ですね。
(追記)
mopera Uメールですが、自動着信だけでなく、自動受信も設定できました。M1000のみのサービスかと思ったところ、hTc Zでもできました。コメントで教えていただき、ありがとうございました。
設定方法は、mopera Uの設定画面に、hTc ZFOMA回線でアクセスします。
http://www.mopera.net/customize/
まず自動着信をオフにして、自動受信をオンするだけでした。なお、パソコンでインターネット回線で、mopera Uの設定画面にアクセスしても、設定はできませんでした。FOMA回線でアクセスしないと設定できないそうです。あと、NetFrontでは設定ができませんでした。Internet Explorer Mobileでは設定ができました。

※「OFF」→「ON」の設定はFOMA M1000FOMAパケット通信またはFOMA64Kデータ通信で接続した場合のみ可能です。

雑記

★確実にW-ZERO3が、最初の一歩になっているんですよね。嬉しいです。

BlackBeryの説明員の方が,W-ZERO3効果を語ったのが印象的だった。最初の一歩って,なんでも大変なんだよなあ。追随が,まだまだビジネス指向だけってのつらいところではあるが。

★凄いインパクトの写真なので、勝手に引用します。

藍より青キー!見よ落花生(謎)
そうだ!いつも当てにならぬ暗黒市場の予告編!
なぜか予告どおりに商品が入荷してしまったのだ!
しかも予定数20枚をはるかに超える。。合計30枚も!!^_^


はてなからこんな返信がきました。

恐れ入りますが、以前からはてなフォトライフの有料コースを
お申し込みいただいている場合、はてなダイアリー有料オプション
ご利用いただいていても、自動で解約とはなりません。
必要がないとお考えの場合には、お手数をおかけいたしますが、
ご自身でコース変更の手続きを行っていただきますようお願いいたします。

無料のアナウンスがあったときに、一度、コース変更して、「ケータイコース(100MBまで)…ダイアリー有料オプションに含まれています」という表示まで出ていたのに、課金されてしまっています。何とかして無料にしたいものの、無料のボタンが押せない状態。はてなのポイントを何とか0にしてしまって、課金されないようにした方がいいのかな。

レビューその4・基本機能の魅力

itokoichi2006-09-27

ドコモhTc Zは基本機能で魅力的な部分が沢山あります。それは、W-ZERO3を使っていて、こうならいいな、という部分がほぼカバーされてしまっています。W-ZERO3応援団としては、悔しい部分ではありますが、こういう端末を利用できる喜びの方が大きいです。
いくつか魅力的な部分をご紹介します。
●電源ボタンでサスペンド
使っていて驚いたことが、電源ボタンを押すとサスペンドすることです。そして、電源ボタンを押すと普通に復帰します。さらに、復帰は、電源ボタン以外で復帰しないように設定が可能です。つまり、キーロックに近い形で使えるのです。スマートフォンで心配なのはバッテリです。電源ボタンで簡単にサスペンドが行える仕様に感激をしました。こうした仕様は、ユーザーとしては熱望したい部分なのです。なお、電源ボタン長押しで電源オンオフも可能です。
ジョグダイヤルの搭載
hTc Zの左側には、ジョグダイヤルが搭載されています。上下スクロールと押しこみによる決定ボタン機能があります。このジョグダイヤルの搭載はとても便利です。ジョグダイヤルの周りに、OKボタンと、録音ボタンが設置されています。この録音ボタンは、一回押すと長押しで、それぞれアプリケーションの設定が可能です。つまり、ボタンカスタマイズ次第では、ジョグダイヤルとこの二つのボタンで、ほとんどの操作が可能なのです。左手で本体を縦に持った場合、親指でほとんどの操作ができてしまうのです。
これは、モバイルユーザーとしては、ジョグダイヤル操作に関しては燃える部分です。私は、録音ボタンにsmallmenuを割り当て、全ての操作ができるように訓練中です。片手で、ほとんどの操作ができてしまうのは、モバイルで使っていると本当に助かります。
●キーボードにメニュー1、メニュー2があること
hTc Zは、コンパクトな筐体ながらも、個人的には、W-ZERO3[es]よりも打ちやすいキーです。テンキーが独立していない分、キーボードの幅が十分とれています。さらに、便利なのが、メニュー1、メニュー2のキーがあることです。Windows Mobile 5の特徴は、このメニュー1、2です。この二つのメニューに全ての機能を割り当ててシンプルに使っていく、携帯電話を意識した仕様となっています。W-ZERO3では、キーボードではメニュー1、2のボタンがありません。シャープさんに何故ないのか、以前聞いたところ、画面をタップしてください、と言われてしまいました。まあ、それでもいいのですが、両手でキーボード入力をしているときは、なるべく画面タップはしたくないものです。メニュー1、メニュー2があることで、キーボードが随分使いやすく感じています。
●キーボードが左サイドにスライドすること
hTc Zは、縦型にした場合、キーボードが左サイドに開きます。W-ZERO3は逆です。これは、どちらが使いやすいかというと、私は、hTc Zです。左手片手で持つ機会が多いので、左手親指で液晶面をスライドさせることで、簡単にキーボードが片手で出てしまうのです。W-ZERO3の場合は、両手で持ってからキーボードをスライドさせていました。片手でスライドできてしまうhTc Zの方がフットワークよく活用できます。キーボードスライドに関しては、左サイドのスライドがスタンダードになって欲しいと思います。
●USBで充電&同期が可能
hTc Zには、本体にUSB口しかありません。このminiUSBで、充電&同期&サウンド出力を兼用してしまっているのです。さすがに、サウンド出力がminiUSBから出ると、専用ヘッドフォン(付属)になってしまうので、使い勝手はあまりよくありませんが、充電と同期がUSBケーブルを一つ挿せば済んでしまうのはとても便利です。W-ZERO3の場合は、USBの二股ケーブルで凌いだりしていましたが、できれば1本で済ましたいところです。
●端子カバーがないこと
hTc Zには、miniUSB口とmicroSDスロットにカバーがありません。剥き出しです。これは、日本の携帯では考えられないことではありますが、PDAではよくある仕様です。カバーがあった方が安心ですが、私は、W-ZERO3では、全部のカバーを外して使っていました。何かするときにカバーを外す作業がワンアクションあるだけで、モバイル機器は面倒になってしまうからです。
●赤外線ポートがあること
hTc Zには、赤外線ポートがあります。PocketPCPalmには必ず赤外線ポートが付いています。これは、周りにユーザーがいる場合、また、自分の持っている複数の機種でデータ交換をする場合、本当に便利です。
これは笑い話ですが、オフ会で、W-ZERO3同士で写真のデータ交換をすることになりました。「W-ZERO3って赤外線がないよね、じゃあメールで送るね」って、目の前でメール送信をされてしまいました。miniSDメモリ経由でも良かったのですが、赤外線でビーム送信を今まで日常的に行ってきたユーザーにとって、赤外線がない、困った、メール添付しちゃえ、という発想は肯けます。
●カメラを起動すると最大輝度になること
W-ZERO3[es]でカメラを使うときは、手動で輝度を上げてから使っていました。カメラを使うのは外が多いですからね。hTc Zは、カメラを起動すると最大輝度になります。しかも、設定ではできない程の明るさになります。もちろん、カメラを終了すると輝度は戻ります。これはとても使い勝手が良い仕様だと感じました。
基本的な機能で、魅力的な部分をご紹介しました。続いて、最大の魅力、無線LANBluetoothです。

デジカメケース

愛用しているデジカメケースがあります。量販店で売っている布製のケースです。薄くて、手軽で、ベルト通しの部分にひっかけて使っています。

乱暴ですが、これにW-ZERO3[es]を挿して使ってみました。上部がはみ出してしまっていますが、これはこれで、取り出しやすいです。落下しないか心配なのですが、カバーのフタ部分を内側に織り込んで使っているためか、意外に落ちません。本当は、このタイプで、esくらい長いのがあればいいのですが、デジカメケースは、大体このサイズなので仕方ないですね。ちなみ、hTc Zはピッタリのサイズです。

Pocket Mapple Digital

地図ソフトSuper Mapple Digitalに付属しているPocket Mapple DigitalをW-ZERO3[es]に入れてみました。インストールは簡単でした。
1.アプリケーションのインストール
パソコンのスタートメニュー→すべてのプログラム→昭文社Super Mapple Digital ver.7→Pocket Mapple Digitalのインストール
で、「プログラム」「住所データベース」「駅データベース」の3つをインストールします。私はminiSDカードにしました。
2.地図データのインストール
パソコンで、Super Mapple Digitalを起動して、ファイル→Pocket Mapple Digital地図出力、を選択。ベクトル地図を選択して、地域を選択して、インストールが始まります。東京都の詳細地図を入れて、50Mくらいでした。
W-ZERO3[es]で起動してみました。起動すると日本地図が出るだけなので、地図→ベクトル地図切替をします。地図が表示されました。右のスライドバーで、縮尺が変わります。縮尺の変更は、一呼吸待つ感じで、もっさりです。

今回のPocket Mapple Digitalの目玉機能は、W-SIMによる位置取得です。なおアップデータをかけないとW-SIM機能が使えません。

Super Mapple Digital Ver.7 サービスパック1
http://www.mapple.net/smd/support/v7support/index.html

地図→GPS位置取得→WILLCOM通信カードで位置取得、をタップします。数秒で表示しました。見通しのよい場所で行うと、結構精度が良かったです。まあ、ちず丸でよいような気もしますが、このPocket Mapple Digitalは、BluetoothGPSで本領発揮します。Bluetoothでの活用はまた後日。

Super Mapple Digital Ver.7 全国DVD

Super Mapple Digital Ver.7 全国DVD

雑記

★PCの楽曲を携帯電話で再生できるソフト「M」だそうです。いとうSNSで教えていただきました。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20249487,00.htm
Mercora
http://search.mercora.com/
hTc Zを母艦とUSB接続したら、母艦が再起動して、hTc Zがフリーズしました。長年Windows Mobileを使っていますが初めての経験で驚きました。
★すごく格好良いですね。見てみたいなあ。

NokiaGPS機能搭載の「N95」と、デジタル音楽プレイヤー機能満載の「N75」のマルメディア端末2機種を同時発表した。

★端末普及の鍵は、電子書籍フォーマットかな、と思います。特殊フォーマットのみしか読めないとなると、また流行らないでしょうね。

松下、角川モバイル、TBSの3社が電子書籍事業で新会社。松下が開発した新たな読書端末「Words Gear」を核に配信サービスを展開する。

Bluetoothは使うと便利なんですけどねえ。

Bluetoothへの反応が悪い日本

ゼロスピンドルとは、回転するメディアが搭載されていないことだそうです。Flashメモリだけなんですね。

ソニーは、モバイルPC「VAIO type U」<ゼロスピンドル>のVAIO・OWNER・MADEモデルにおいて、BTOメニューに32GBフラッシュメモリを追加し、10月上旬より受注開始する。16GBフラッシュメモリからの差額は6万円。

★OCは面白いですね。毎週見ています。

ゲームロフトは、米国の人気ドラマ「The O.C.」を題材にしたシミュレーションゲームボーダフォンライブ!向けに配信を開始した。

★海外ではソニーから電子書籍リーダが出るようですね。電子書籍iPodになれるのはどのメーカーなのでしょうか。

Sony is bringing this one in "on or before" October 31st for $350

レビューその5・魅力的な無線LAN

itokoichi2006-09-28

ドコモのWondows MobileスマートフォンhTc Zには、無線LANBluetoothが搭載されています。簡単に「搭載されています」と言いましたが、これが実は凄いことなのです。W-ZERO3には無線LANが搭載されていましたが、残念ながらBluetoothは搭載されませんでした。さらに、W-ZERO3[es]は、無線LANも搭載されませんでした。
スマートフォン無線LANBluetoothが必要か、と問われたならば、私は必要だと思います。もし、ユーザーの1%しか使わない機能であったとしてもそれは搭載して欲しいと思います。何故ならそれがスマートフォンだからです。あらゆる活用の可能性を残し、カスタマイズの可能性を最大限に生かせることが、スマートフォンの魅力だと思うからです。もちろん、様々なバリエーションの中で、非搭載の端末はあって構いませんが、それは、搭載している端末がある前提だと思います。現状、スマートフォンのバリエーションのない中、W-ZERO3シリーズで、無線LANBluetooth搭載機種が、バリエーションの一つとして登場して欲しいと熱望します。
今回は、hTc Zに搭載されている無線LAN機能をご紹介します。内蔵無線LANということで、W-ZERO3と同じかというと、それはとんでもない誤解です。とても使いやすい無線LANが搭載されているのです。
hTc Z無線LANの素晴らしいところは、「省電力モード」が搭載されていることです。しかも、自動的に電源オフの設定も可能です。W-ZERO3は、無線LANを使うと、手動で電源をオフにしないとバッテリが空になるまで起動し続けてしまいます。これはとても困った仕様だったのですが、hTc Zでは、無線LANを使っていても、普通に運用できてしまうのです。また、無線LAN使用中でも、電源ボタンによるサスペンドが、ちゃんと使えます。無線LANがオンでもオフでも普通に使えてしまうのです。「無線LANがオンだから気をつけないと」なんて使っていたW-ZERO3とは大きな差を感じます。
ちなみに、無線LANを入れっぱなしで、時々ネットする程度では、省電力が効くためか、バッテリは残り90%でした。モバイルで無線LANを実用的に運用することが、本当によく考えられています。
ちなみに、無線LANの起動ですが、「コミュニケーションマネージャ」というアプリがあり、これが、hTc Z本体右サイドのボタンに割り当てられています。このコミュニケーションマネージャのアイコンのタップで、無線LANのオンオフが簡単に行えます。さらに、Bluetooth、マナーモードも同じように設定ができます。また、Tweakというアプリケーションの導入により、Today画面でオンオフ表示も可能です。
W-ZERO3のときは、無線LANを使うときは、ACアダプタを繋いでいないとバッテリが干上がってしまい怖かったので、自宅以外では使っていませんでした。しかし、hTc Zでは、SIMで通信するのと同じレベルで無線LANが使えるので多用しています。
公衆無線LANは、ドコモのMzoneを利用しています。mopera Uスタンダードプランだと、月額500円で利用できます。パケット定額でないので、無線LANのアクセスポイントのある場所では、なるべく無線LANを使うようになりました。
続いては、いよいよBluetoothです。

香港の地図サイトを掲載。香港の地図を探すならこのサイトで決まり!(香港の中心街地図や航空写真も)

香港 地図と旅行ガイド ?? ホテル トラベル ドットコム ?? 香港の地図・ホテル・観光

香港の市街地を走り回る地下鉄は速くて便利な交通機関

ランタオ島のチェクラップコック国際空港は世界最大かつ最新の空港のひとつで、香港はまさにアジアへの入り口だと実感させられる。

香港の街をどのように歩けばよいかを解説。香港のエリアガイドや航空写真などの香港を知る上で必要となる情報を発信していきます

各地区の詳細なマップ画像(GIF形式)をダウンロードできます。

Blackberry meets hTc Z

つまっちさんのご協力の下、南の島ではなく、なぜか神田でプチランチオフを行います。

ちょっと乱入してきました。なんとBlackberryです。普段、お仕事で使っているものを持ってきていただきました。

hTc Zと記念写真。珍しいツーショットですね。横にある携帯は、ドコモのプリペイド携帯だそうです。日本に一時帰国で使っていらっしゃるそうです。ドコモにもプリペイドあるんですね。

hTc Zを開いた形で記念撮影。

Blackberryのキータッチは固めです。何とカーソル移動という概念がなく、入力を間違えたら、BSでそこまで全部消してから入力しなおし、というのが、ポケベルちっくで面白いです。

液晶です。とてもキレイです。ブラウザ、メッセンジャーなど全部入りで、Bluetoothももちろん搭載。

ちょっと触らせていただいたのですが、楽しい端末です。まず、とても快速。こんなに速く動く端末は見たことがないほどです。ジョグダイヤルで、グリグリ動かして、アプリがすぐ起動します。ケースがよく出来ていて、ケースに入れると、バックライトがオフになります。仕組みはわからないのですが、ケースとバックライトが連動している端末は初めてみました。Bluetooth内蔵なので、Bluetoothヘッドセットを常用しているそうです。日本語入力はできませんが、日本語が表示できてしまっているそうです。海外端末なのに凄いですね。
電話として使って、常に会社のメールをプッシュで受け続けて、3〜4日、充電なしで持ってしまうそうです。仕事で使うには最高のパートナーだと思います。

【okashumの黒苺日記 in 南の島♪】のokashumさんが南の島から戻ってこられているということで、今日から東京入りしている私も迎撃オフ会に参加してきました。

PSL3

さて、今回は[es]でのスケジュール管理について。
ソフトはいつも私がしつこくPUSHしている(笑)「PSL3」で、能率手帳をイメージした活用法(というほどのものではありませんが(^^ゞ)を書いてみたいと思います。

MiniClock用お徳用MacBarセット

帰宅すると、なんとMiniClock作者様サイトで軽量版がリリースされている!\(o⌒∇⌒o)/ すてき…
私も今朝やっつけ仕事で作った(汗)画像のアップ作業。お徳用MacBarセット(ボタン画像対応版)のダウンロードはこちら

shiftlock

このshiftlockで、テンキーでコピペができるようになりました。とても便利です。

メニュー表示前にIMEをOFFにするようにしました。(メニュー選択後、IMEをONにしています)

雑記

★木製デジカメっていいなあ。ブツヨクさん、いかがですか?

Photokinaのオリンパスブースでは、木材を独自技術で加工してコンパクトデジカメのボディに応用する技術展示が行われている。木目と光沢が美しい“こだわりの木製デジカメ”の登場も近い?

ソフトバンクモバイル記者会見

スマートフォンが発表されるのかどうか、楽しみです。

http://www.softbank.co.jp/explanation/other/060928/ja/index.html

(追記)
16時09分、始まりました。
孫社長が、いきなり端末の話です。そして、コンテンツのヤフーボタンの話だそうです。
基地局が2万5000局になったそうです。4万6000まで今年度内に実現するそうです。
端末について。アクオス携帯がワンセグでNO.1だそうです。705SHは、全キャリア205機種の中で、1位の売れ行きだそうです。iPod nanoとのセット販売の話が出ています。
「13.54」13機種、54色の発表をするそうです。今までで最大だそうです。写真にHTC端末がありますね!

2006年 秋・冬 サービス&プロダクト説明会にてSoftBankからX01HTというHTC製のWM5.0搭載のコンシュマー向けのスマートフォンが発表されました!
下り最大1.8MbpsのHSDPA(3Gハイスピード)に対応して10月中旬以降に発売となるそうです。
また、X01HTの発売に合わせてデュアルパケット定額を改定し、新たに上限9,800円というPCサイトダイレクト定額という定額サービスになるそうです。

プレスリリースはこちらから
http://www.vodafone.jp/corporate/release/

プレスリリースを見ると、PCサイトダイレクトは、2007年1月まで、上限5700円というキャンペーンを行うそうです。ヤフーケータイは利用できないそうです。メールはどういう扱いなんでしょうか。
ついに定額サービスがきましたねえ。すばらしいです。

QWERTYキーボード付きPDAタイプのHSDPA端末が登場。Windows Mobile 5.0を搭載したHTC製端末「X01HT」だ。無線LANBluetooth、赤外線、miniUSBなど外部インタフェースも充実。

キーボードは微妙に記号などがhTC Zから変更されている。最大の変更点は、「,」と「.」だろう。好みが別れるかもしれない。

■主なスペック
通信方式:【国内】HSDPA 方式 / W-CDMA 方式 【海外】W-CDMA / GSM(900 / 1800 / 1900 MHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約 58 × 112.5 × 21.95 mm(閉じた状態、突起部除く)
重さ:約 176g
連続通話時間 / 待受時間:【W-CDMA 網】約 240 分 / 約 250 時間(画面オフ時) 【GSM 網】約 300 分 / 約 200 時間(画面オフ時)
ディスプレイ:2.8 インチ QVGA(240 × 320 ドット) TFT 液晶(6 万 5,536 色)
モバイルカメラ(画素数 / タイプ):【メイン】有効画素数 200 万画素 / CMOS 【サブ】有効画素数 10 万画素 / CMOS
外部接続機能:赤外線通信(IrDA)、Bluetooth(Ver.2.0)、miniUSBmicroSD カード(別売)、ワイヤレス LAN(IEEE802.11b / g)
OS:Microsoft Windows Mobile 5.0 Pocket PC Phone Edition
主なアプリケーション:Internet Explorer Mobile、Pocket Outlook、Office Mobile(Excel Mobile、Word Mobile、PowerPoint Mobile)、Windows Media Player 10 Mobile
カラー:ブラック

★[Mobile News] 待望ひさしい登場だ。ようやく一般ユーザーでも購入できるデバイスが登場した。説明員の方の話ではすでに選考するW-ZERO3がある以上、それほど異なった価格にはできないだろうということだった。期待したい。ただし、残念な点もある。現状では、プッシュメールに対応していないのだ。ユーザーが工夫する必要が出てきてしまった。ただし、将来的にはバージョンアップでSMSなどには対応予定だというので、開始時期に不便といった感じかもしれない。また、PCには対応していないとはいえ定額料金が用意された点もうれしい限りだ。上限は、かなり高額だが、日常的にストリーミングを視るといった使い方をしなければ、上限まで使う可能性は小さいのではないかと思う。なお、hTC Z同様、Outlook 2002がバンドルされるよだが、ATOKなどは付属しないようだ。

なお、インターネットを利用する場合は、月額315円の「S!ベーシックパック」を契約する必要がある。ポータルサイトYahoo!ケータイ」は利用できない。あわせて「デュアルパケット定額」が改定されており、「X01HT」からWebブラウジングした場合も定額対象となる。PCサイトブラウザの上限額は5,985円だが、X01HTでの上限額は10,290円となる。

ボーダフォンユーザでW-ZERO3のためにウィルコムに加入するか悩んだ人、Bluetoothがないので見送った人、あるいはW-ZERO3を愛用しているものの通信速度が遅く接続がもたついて耐えられない、多めに払っても良いから高速ですぐつながるやつが欲しいという人にはかなり魅力的なデバイスです。

W-ZERO3[es]と比べて(良いことろ)
WiFi/BT/赤外線とテンコ盛り
2倍くらい通信料金が高くてもHSDPAで定額サービス
BTではHeadsetとかA2DPとか使えるとおもう
海外のアクセサリが流用可能

itokoichi2006-09-29

ボーダフォン初のHSDPA端末である「X01HT」は、国内のコンシューマ向けとしては初の台湾HTC製Windows Mobile端末でもある。月額1万290円が上限となるパケット定額プランにも対応しており、高速なデータ通信サービスを安心して利用できる。

HTC製のスマートフォンは、今回の端末が国内初のコンシューマー向けモデルとなる。端末の価格については明らかにされなかったがインセンティブの対象になるとのこと。会場の説明員は、W-ZERO3を意識した価格になると語っていた。W-ZERO3は現在、40,000円前後で販売されている。

SoftBank X01HTの実機展示の写真を自称日本最大数掲載しています。

法人向けに発売されているNTTドコモhTc ZSoftBank X01HTの違いについてまとめました
基本の仕様について
・HTC社製で同一メーカー
・型番は
NTTドコモ
o HERM100
SoftBank X01HT
o HERM200
違い
X01HTは色がブラック
HSDPA対応
SoftBank X01HTの通信速度は、下り最大1.8Mbps/上り最大384Kbps
表面が多少色の関連でかっこよく!?
キー配列が一部変更
具体的には「.」「,」が入れ替えられた
表面のボタンデザインが違う
TV電話ボタンがSoftBank X01HTにはある
バッテリ容量表記
o hTc Z 1350mAh
o X01HT 1300mAh

雑記

★本当にこんな風になったら、夢のようですね。

伊藤浩一のW-ZERO3応援団(esとhTc ZX01HTとWSH00xSHと黒イチゴとxxxと×[いっぱい]も応援中)
になって、だんだんたこの足のよーになって、イカの足のようになって・・・・(ちょっと怖いものを想像したらしい)
そんな風になったらすごく
イイですね!

応援します

ソフトバンクよりHTC製Windows MobileスマートフォンX01HT」が発表になりました。私は、とても嬉しく感じました。
現在、X01HTと同じ型番であるドコモの法人向け端末hTc Zをお借りして使っています。さすが世界のスマートフォン市場に端末を供給しているHTCだけあって、いろいろ使いやす工夫されている点もあり、ユーザーとしては、とても楽しい端末です。しかし、残念ながら、hTc Zは一般販売されていません。展示会で聞いた話では、一般販売するとドコモショップでのサポートが難しいから、という説明があったように記憶しています。携帯キャリア会社から見ると、WindowsMobileスマートフォンは企業向けに大きなソリューションの導入以外は、旨みのないものという考え方なんだなあ、と痛感しました。
きっとW-ZERO3も、発売当初は、法人向け販売がほとんどのシェアではないかとウィルコムも考えていたと思います。しかし、コンシューマーに大ヒットしました。予想を超えた販売台数が売れました。一般ユーザーにWindows Mobileスマートフォンのニーズはあったのです。ウィルコムという携帯コンテンツよりも、通話&通信定額に特化したキャリアだからこそ、Windows Mobileスマートフォンに踏み切れたのかもしれません。3大キャリアの有料コンテンツ&クローズドなネットが重要と考え方では、Windows Mobileスマートフォンの登場は絶望的かな、と思っていました。
しかし、今回、ソフトバンクは、新機種13機種発表の中で、12機種目にX01HTを登場させました。私は、可能性があっても法人向けなのかな、とさえ思っていました。しかし、コンシューマー向け発表会の末席に加えられたのです。さらにX01HT向けの定額料金プランもセットにして、です。
日本でのWindows Mobileスマートフォンの登場を絶望的に考えていましたが、昨年10月20日W-ZERO3発表に続き、今年の9月28日にX01HTが発表されたのです。遅い歩みではありますが、確実に、広がりつつあります。PDA市場が縮小してしまった今、W-ZERO3がヒットしなければ日本のスマートフォンの未来はないと信じて応援してきました。PDA、モバイルの救世主であると思ってW-ZERO3を応援してきました。W-ZERO3の切り開いた道が確実に進んでいるのです。
X01HTには頑張ってもらいたいです。X01HTは、Bluetooth無線LAN搭載というW-ZERO3にはないスペックで登場しました。料金プランやモデルに関して、既存のユーザーの方はいろいろとご意見があるかと思いますが、Windows Mobileスマートフォンのバリエーションとしては、不可欠なモデルの一つだと思います。そして、このX01HTがヒットすれば、ソフトバンクにてさらに別のバリエーションの可能性があるでしょう。また、ドコモ、auへの影響もあるでしょう。さらに、ウィルコムへも刺激になるでしょう。インセンティブ販売で潰し合わずに、このW-ZERO3がきっかけを作った市場を少しずつでいいので、ぜひ広げていただきたいです。
X01HTが、量販店の携帯電話売り場に並んでいる様子を想像しただけで、とてもワクワクします。海外でしか入手できなかったHTC製Windows Mobileスマートフォンが、日本で普通のお店で販売されるなんて夢のようです。
話がうまくまとまりませんが、日本の未来のスマートフォンのためにも、X01HTを応援していきたいなあ、と思っています。

電子書店パピレスにて販売開始!W-ZERO3で購入&ダウンロードができます

電子書籍W-ZERo3[es]ビギナーズブック〜W-ZERO3応援ブック3」ですが、電子書店パピレスにて販売が開始しました。W-ZERO3で直接購入&ダウンロードが可能です。
W-ZERO3W-ZERO3[es]Internet Explorer Mobileで、ウィルコム公式サイト→電子書籍とアクセスしてください。「本日のオススメ」でトップページ掲載されています。
W-ZERO3[es]ユーザーに向けて、アプリケーションをインストールする前の基本設定を、解説させていただきました。長年、Windows Mobileを使ってきたノウハウを書かせていただきました。Windows Mobileを初めて使うユーザーの皆さんにぜひ読んでいただきたいです。

W-ZERO3→公式サイト「電子書店パピレス
★PC→電子書店パピレス/PDAbook.jp/ビットウェイ

レビューその6・Bluetoothヘッドセット

ドコモのWindows MobileスマートフォンhTc Zを使っています。この端末には、Bluetoothが搭載されています。ウィルコムW-ZERO3には、何故かBluetoothの搭載は見送られ続けていますが、このBluetoothが使えるか使えないかで、随分活用の幅が変わってきます。
まずは、手持ちのBluetooth機器で接続を試してみました。BLUETAKEのヘッドセット、BT400G3です。

Bluetake Bluetoothヘッドセット BT400G3

Bluetake Bluetoothヘッドセット BT400G3

こちらのヘッドセットは、iPAQではヘッドフォン代わりに、au端末ではヘッドセットとして活用していました。最近使っていなかったのですが、hTc ZBluetoothが搭載されたので、久しぶりに使うことにしました。
hTc ZBluetoothの初期設定は簡単です。
1.ヘッドセットの電源を7秒以上押して、ペアリングモードにします。
2.hTc ZのコミュニケーションマネージャでBluetoothをオンにする
3.コミュニケーションマネージャ→設定→Bluetoothの設定→デバイスのタブで「新しいパートナーシップ」をタップして、パスキーを入れる。
4.ヘッドセットの電源を入れなおす。
これで、試しに使ってみたところ、電話の通話がちゃんとできました。一度設定してしまえば、hTc ZBluetoothがオンになっているときに、ヘッドセットの電源を入れれば自動的に繋がります。
残念なのが、BT400G3が、ヘッドセットプロファイルしか持っていないので、音楽が聴く事ができないことです。実は、iPAQ h2210では何故か音楽が聴けていました。
どうしてもBluetoothで音楽が聴きたい、ということで、Bluetoothオーディオアダプタを購入することにしました。
購入したのは、VAIO周辺機器のVGP-BRM1です。
SONY Bluetooth オーディオコントローラーVGP-BRM1小さなMP3プレーヤのような感じです。ヘッドフォンを挿して使います。ストラップ穴があるので、首から提げて使うことにしました。VGP-BRM1も同じようにhTc Zとペアリングをして、ヘッドセット、そしてBluetoothヘッドフォンとして使えるようになりました。
しかし、音が悪くて、モノラルです。
そこで、設定を変更することにしました。
fit4cat Hermes Tweaker v1.1a
http://www.fit4cat.de/portal.php
こちらのTweakerで、A2DPプロファイルの設定をステレオで音質をよくすることができました。
VGP-BRM1は、オーディオコントローラということで、ボリューム、曲送り、プレイ、停止のボタンがあります。このボタンは、Windows Media Playerでは使えました。GSPlayerでは使えませんでした。VGP-BRM1を使うときは、Windows Media Playerを使うようにしています。
Bluetooth オーディオコントローラーVGP-BRM1のおかげで、ワイヤレスヘッドフォンとして使っています。音楽を聴いたり、動画を見るときのヘッドフォンとしてとても便利です。また、音楽を聴いている最中に電話がかかってきても、VGP-BRM1のプレイボタン(通話ボタン)を押すと、本体のマイクでそのまま通話ができます。通話が終わると、音楽が始まります。つまり、hTc Zは鞄に入れたままで、音楽を聴きながら、電話着信通話が可能なのです。首から提げている小さなMP3プレーヤのようなもので、音楽を聴くことも、通話も可能になってしまいました。
ただし、問題もあります。Bluetoothで音楽を聴いている間は、hTc Zの動作がとても重くなります。音楽を止めれば、元に戻ります。音楽を聴いている間は、電子書籍を読むくらいが限界かなあ、という感じです。平行作業をしたい場合は、有線ヘッドフォンの方がいいようです。

[hTc Z]Covertec モバイルフォン(縦型タイプ)

itokoichi2006-09-30

ドコモhTc Z用ケースをpocketgamesさんから入手しました。縦型のケースです。サイズもぴったり。マグネットで蓋が固定されるタイプなので出し入れも楽です。hTc Zのような小型スマートフォンの場合は縦型ケースを腰にぶら下げても邪魔になりませんね。このケースはソフトバンクX01HTでもぴったりだと思いますのでおすすめです。

Covertec モバイルフォン(縦型タイプ)
フランスCovertec社のユニバーサルケースです。ナパレザーとベージュステッチのラグジュアリーなダブルトーン。縦型フリップタイプ、カラーはブラックのみ。クロージャーはマグネットスナップタイプ、ベルトクリップ付きです。
対応サイズ:125 x 65 x 30 mmまで(hTc Z/TyTNが入るサイズです。)
http://pocketgames.jp/modules.php?op=modload&name=Shop&file=index&req=viewarticle&artid=547


[いとうSNS]W-ZERO3応援コラムコンテスト

いとうSNSではW-ZERO3応援コラムコンテストを開催中です。本日が締め切りとなっています。
まるは屋さんのコラムを紹介します。

通勤電車の中、ケータイを握り締める人たち。なにをやっているのかと思えば、おしゃべり代わりのメールのやりとり、ゲーム……。

熱心に小さな画面を見つめているようでいて、なんだか楽しくなさそう。うん、たまにタメ息なんかついてる。ほとんどが暇つぶしだ。

「新型ケータイ○×発売!」なんて広告も、売りは「音楽再生」だったり、「テレビが見られる」だったり。よくよく考えれば、追加機能のほとんどが暇つぶし目的の機能とも思える。

――ケータイって、実は暇つぶしのための道具なんだろうか?

W-ZERO3[es]は違う。パソコンライクなフルキーボードをスライドさせ、頭にうかんだことをその場で書き留める。そして推考し、完成させる。それだけでちょっとしたコラムの出来上がりだ。文字だけでもの足りないときは、スタイラスで簡単なイメージをスケッチ。うまく描けたらニヤリとしつつも保存。どこに書いたかわからなくなることもなければ、ページ数はほぼ無限。一度保存しておけば、何度でも修正可能。紙の手帳を持ち歩くよりも便利。

気が付けば、通勤電車の中が一番楽しくて、充実した時間。そう、W-ZERO3[es]は暇をつぶすためのケータイじゃなく、その時間から「なにかを生み出せる」ケータイだ。

もちろん、あちこちで言われているように、通信機能を利用してビジネスチャンスを生み出してもいいし、ブログやSNSへの投稿に活用することで、より深いコミュニケーションを生み出してもいい。もちろん、使い方は千差万別。

W-ZERO3[es]を手にしたとき、きっとあなたも、なにかを生み出せるはずだ。